あの興奮が蘇る!映画『ベン・ハー』公開決定&第1弾予告解禁

1959年公開の不朽の名作『ベン・ハー』が、ティムール・ベクマンベトフ監督により生まれ変わり2017年に公開されることが決定、第1弾予告映像が解禁となっている。

不朽の名作が蘇る『ベン・ハー』2017年公開決定

一命を取り留め、とある島にひとりの男が漂流する。その男の名は、ベン・ハー(ジャック・ヒューストン)。エルサレム地区の名家に生まれたベン・ハーは、義兄弟であったメッサラ(トビー・ケベル)の裏切りにより奴隷となる。復讐を誓うベン・ハーは、競技場でメッサラと宿命の対決に挑む。兄 対 弟、奴隷 対 帝国―。果たして、ベン・ハーは復讐を果たすことができるのか――

ベン・ハー
(C)2016 Paramount Pictures and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

映画『ベン・ハー』は、古代ローマ帝国の圧政とキリストの死を背景に、ユダヤの豪族の息子ベン・ハーの数奇な運命を描いた歴史スペクタクル。

1959年公開され大ヒットとなり、アカデミー賞で作品賞、監督賞など11冠を達成。『タイタニック』『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』に並ばれるも、いまだ最多記録となっている。その本作が現代の最新技術でリメイクされる。

主人公ベン・ハーを『キル・ユア・ダーリン』のジャック・ヒューストン、宿敵メッサラを『コントロール』『ロックンローラ』のトビー・ケベルが演じるほか、モーガン・フリーマン、ロドリゴ・サントロなどが出演する。

メガホンを取るのは『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフ監督、脚本を『それでも夜は明ける』のジョン・リドリーと、キース・クラークが担当する。

このたび解禁となった第1弾予告では、奴隷船が大海原を進む中、突然の襲撃により転覆、足を鎖に繋がれたまま船から放り出されるシーンをはじめ、復讐を誓うベン・ハーga、競技場でメッサラと宿命の対決に挑むシーンなど、名画ファンには垂涎ものの、臨場感あふれるシーンを確認することができる。

映画『ベン・ハー』は、2017年全国ロードショー。

関連リンク

タランティーノの「ヘイトフル・エイト」を70ミリ・フィルムで見ると、どこがどう違うの?


『スパイダーマン』新シリーズのタイトル&ロゴが決定!日本公開は2017年夏
ローラ、ハリウッドデビュー「バイオハザード」最終章の世界最速公開が決定
スター・ウォーズ初のスピンオフ『ローグ・ワン』ミステリアスな最新映像解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 星井 七億
    • 黒宮丈治
    • 東京散歩ぽ
    • ながち
    • firstserver
    • 大谷和美

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo