鬼才・園子温、初の商業出版作『受け入れない』はみ出すことで、世界は変わる

2015年7月11日に映画『リアル鬼ごっこ』の公開も控える、今もっとも忙しい監督のひとり園子温による詩集・エッセイ『受け入れない』が2015年6月19日より発売される。

園子温 受け入れない

本書は、17歳で詩人デビューし『現代詩手帖』『ユリイカ』『螢雪時代』などに数々の詩が掲載され「ジーパンをはいた朔太郎」と呼ばれ注目された過去をもつ園子温の初商業出版での詩集。

掲載されている詩は17歳の時に書いた『別れ』を除き、全て本書のために書き下ろしされたもの。『モヤモヤモラル』『オレが17歳の頃は』など、世の常識を「受け入れない」園子温の想いが反映されたものが多く収録されている。

また、エッセイで15年5月〜9月に、4本の映画を公開できた理由や、創作活動における日本人の考え方などに対する思いなどを赤裸々に語っている。

本作に関して園子温は「ここに書かれた詩もどきこそが、詩以上に詩以前の詩になるはずのエキスがある。大便や小便やオナラやゲップでしかないと見限っていたものを文字通り吐き出し、垂れ流すことは、着飾ることよりも今は大事だと思ってこれを書いた。間違いだらけであってもたった1つだけでも真実があれば、美しいだけの絵画よりも価値があるはずだと思い、この本を書いた。あとは野となれ山となれだ」と思いの丈を詩的にコメントしている。

自費出版での発売経験はあるものの、商業出版では初となる詩集の発売。園子温の今が詰まった本作は、ファンのみにならずクリエイターにとっても読み応えがあるものになっている。

『受け入れない』は2015年6月19日発売。

関連リンク

園子温が画家に!映画『ラブ&ピース』原作本の絵画展が開催中
今度の舞台は女子高!「リアル鬼ごっこ」公開前にチェックしておきたい園子温監督作品4つ
血まみれ、爆発、JK…園子温による映画『リアル鬼ごっこ』の場面写真公開!
お約束のパンチラもパワーアップ『映画 みんな!エスパーだよ!』特報解禁
金髪でもイイッ!綾野剛に惚れた!熱い男たちが全力でぶつかり合う映画『新宿スワン』レビュー

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 宮本和彦
    • 村松健太郎
    • しましま
    • 柳下修平
    • 内田俊太郎
    • ヒナタカ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo