背筋がゾッとします―映画『独裁者と小さな孫』公開初日トークショーレポ

独裁者と小さな孫 初日舞台挨拶 想田和弘 森直人

現在公開中の映画『独裁者と小さな孫』の公開初日となった2015年12月12日に、東京・新宿武蔵野館で、映画監督・想田和弘氏と映画評論家・森直人氏によって本作に関してのトークショーが行われた。

運命を描くロードムービー『独裁者と小さな孫』

独裁者と小さな孫

映画『独裁者と小さな孫』は、2014年東京フィルメックスで観客賞を受賞した、イランの名匠、モフセン・マフマルバフ監督の最新作だ。架空の国で起きたクーデターをきっかけに、逃亡の旅に出た独裁者と彼の幼い孫がたどる運命を描くロードムービーとなっている。

独裁者と小さな孫

想田和弘監督は、本作の感想について「普通は感情移入しないだろなっていう人に対して感情移入するという、非常に珍しい経験をさせてもらえる」と語り、今回、民衆の一人でなく、独裁者に感情移入をさせるというのは、大きな選択だったと思います。普通は民衆を主人公にして描くほうが、やりやすいかもしれないですね。だけど、そうすると説教くさい映画になるかもしれないし、月並みな構図になるかもしれない。だけどここでがらりと反転させて、独裁者っていうのを主人公にして、その目線で描いてく。しかも、独裁者の視点で描くからと言って、独裁者に感情移入するようには作られていない。ここがすごいとこなんです」と本作の魅力に関して力説した。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 増當竜也
    • 内田俊太郎
    • 村松健太郎
    • 藤井隆史
    • 中村真実

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo