東京コミコンでマスタング大佐の劇中衣装を展示!映画『鋼の錬金術師』

本日12月2日より開催される東京コミコン2016で、映画『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング大佐(ディーン・フジオカ)の劇中衣装が展示されることとなった。本作の劇中衣装が展示されるのは世界初となる。

映画『鋼の錬金術師』劇中衣装を東京コミコンで展示

鋼の錬金術師

映画『鋼の錬金術師』は、全世界シリーズ累計部数7,000万部超の大ヒットを遂げる漫画家・荒川弘の同名人気コミックを実写映画化する作品。錬金術が存在するファンタジーな世界観を、『タイタニック』でCGを手掛けた映像のスペシャリスト、曽利文彦監督の手によって完全映像化に挑む。

主役のエドワード役を、Hey! Say! JUMPの山田涼介が演じるほか、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、佐藤隆太、蓮佛美沙子、夏菜、大泉洋、國村隼、小日向文世、本郷奏多、内山信二、石丸謙二郎と日本を代表する俳優たちが脇を固める。

このたび本作でディーン・フジオカが演じたロイ・マスタング役の劇中衣装が、本日より千葉・幕張メッセで開催される東京コミコン2016のワーナー・ブラザース ジャパン ブース内にて展示されることが明らかとなった。マスタング大佐は、志高く、遥かなる道を行く焔の錬金術師。冷静な反面、エルリック兄弟や部下のため、自らの身も省みない行動を起こすなど情に厚い面を持ち、コミックの人気キャラクターの1人だ。

東京コミコンは、アメリカのサンディエゴ発祥の、世界最大級のポップカルチャーイベントで、ポップカルチャーのメッカでもある日本で、12月2日から4日までの3日間、千葉・幕張メッセで開催される。

展示される劇中衣装は、実際に役を演じたディーン・フジオカが着用したもので、原作コミック「鋼の錬金術師」のビジュアルを忠実に再現しているとのこと。

本作の衣装を担当した西原梨恵は「衣装にリアリティを持たせる為、原作のモデルともなった19世紀の産業革命時代の軍服、中世の甲冑などを参考にし、動きやすいフォルムに仕上げた」と明かし、ディーン・フジオカは「文字通り血と汗の滲んだロイ・マスタングの衣装をご覧頂くことで、作品制作にかけるチーム全員のパッションと、映画の世界観を感じていただけたら嬉しいです」と、コメントを寄せる。

さらに、本作のメガホンをとった曽利文彦監督は「今回の展示で、映画『鋼の錬金術師』の衣装から映画のリアルな世界観を感じていただき、作品そのものへも是非ご期待ください」と自信をのぞかせている。今回展示されるマスタング大佐の衣装には、マスタング大佐の象徴と言われる“手袋”が付属されていないとのこと。

映画『鋼の錬金術師』は2017年12月、全国ロードショー。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

関連記事

山田涼介主演『鋼の錬金術師』超特報映像を解禁!アルフォンスの姿が遂に…
映画『東京喰種』新たなキャスト発表!あの役は誰に?
映画『東京喰種』キャスト発表!カネキは窪田正孝、トーカは清水富美加
千葉雄大「ドSなところがある」―映画『ReLIFE』出演が明らかに
全員悪女!セレブJKたちの“嘘つきの狂宴”―映画『暗黒女子』特報解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 朝井麻由美
    • hosohana
    • 立岡未来
    • カツセマサヒコ
    • しましま
    • 東京散歩ぽ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo