松居大悟監督:離れ離れになりたくない―『私たちのハァハァ』初日舞台挨拶

『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015』で、数々の話題作を抑え、”ゆうばりファンタランド大賞”と”スカパー!映画チャンネル賞”のW受賞を果たした松居大悟監督の最新作『私たちのハァハァ』が2015年9月12日に初日を迎え、舞台挨拶に主要キャストならびに松居大悟監督が登壇した。

女子校生が自転車でハァハァしちゃう青春ロードムービー

『私たちのハァハァ』は、バンド・クリープハイプのファンである女子高生4人組が、東京で行われるライブを目指し、福岡から東京までの1,000キロの道のりを自転車で駆け抜ける青春ロードムービー。スペースシャワーTV開局25周年記念として制作され『アフロ田中』『男子高校生の日常』の松居大悟監督がメガホンをとった。

私たちのハァハァ

シンガーソングライターの井上苑子、6秒動画『Vine』で一躍時の人となった大関れいか、『ミスiD 2014』ファイナリストの真山朔、『悪の経典』『映画 鈴木先生』の三浦透子といった、期待の新鋭女優たちが4人の女子高生を演じた。また、ロックバンド・クリープハイプも本人たち役で登場することでも話題となっている。

私たちのハァハァ

「初日をこうして迎えられて、全員が横に並んだ姿がすごく嬉しい」と挨拶をした松居大悟監督は「元々クリープハイプとミュージックビデオを作っていたりしていたんですが、タイトルなどで検索して、観た人の感想とかを見たりするのが好きだったんです。観た人それぞれの感想とかが違っていて、それが作っている時のテーマを遥かに越えて、すごく深いものになったりとか、ファンとか観ている人の解釈で映画なんて作品なんていくらでも越えられるんだと思ったら、その人達のための作品を作りたいと思った」「なんで、そういう映画が無いんだろうっていうことも思って、元々光にあたっている人が上手くいくとか失敗するとかそういうドラマなんてあって当たり前だし、それじゃ僕にとっては親近感が無いような気がしたので」と本作を制作した経緯について語った。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大谷和美
    • 内田俊太郎
    • 東京散歩ぽ
    • ながち
    • じぇみじぇみ子
    • アスカ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo