「家族の大切さを」。公開中の映画『母と暮せば』チャリティ試写会

2015年12月12日から公開中の映画『母と暮せば』のチャリティ試写会が12月10日、新宿ピカデリーで開催された。本作は、1948年の長崎を舞台に、吉永小百合と嵐・二宮和也が原爆で亡くなった息子と残された母親の日々を描く感動作。作家・井上ひさしが広島を舞台に描いた「父と暮せば」と、沖縄を舞台にした未完の「木の上の軍隊」の思いに衝撃を受け、山田洋次監督が終戦70年に合わせて映像化した。

山田監督「人類の平和や戦争について真剣に考えている方に」

試写会終了後の囲み取材で、山田監督は「特に若い人に向けてつくっているわけでもないので、年配の方も、中年の方も、子どもだろうと人類の平和や戦争について真剣に考えている方に観ていただきたいです。」とコメント。主演の吉永は、「ご覧になるきっかけが嵐のファンということでも良いと思います。ご覧いただいて、感想や家族の大切さなどをお話になるきっかけになると嬉しいです。」と語った。

01

本試写会は恩賜財団母子愛育会の協力により行われたチャリティ試写会で、視察と映画鑑賞の為に恩賜財団母子愛育会総裁の秋篠宮妃紀子さまも出席。山田監督は、「暗かったので涙を流されていたかは分かりませんが、妃殿下がしんみりしていらっしゃる様子は伝わってきました。」と隣で鑑賞した感想を語る。吉永は、「私が助産婦の役でしたので、命の瞬間を扱う大事なお仕事として感心を持たれていたように感じました。」と試写会後のご懇談のようすを語った。

02

原爆で亡くなった息子と残された母親の儚くてやさしい日々を丁寧に描き、エンディングの後に込み上げるのは「大切な人に会いたい」という想い。50年以上に渡り家族の絆を描いてきた山田洋次監督が贈る、母子の感動の物語。

映画『母と暮せば』は現在全国公開中。

03

(C)2015「母と暮せば」製作委員会

関連記事

山田洋次監督作品ならではのエッセンスに満ちた『母と暮せば』
映画『母と暮せば』×タワレココラボ!山田洋次監督と坂本龍一があのポスターに
山田洋次監督最新作『母と暮せば』大人向け絵本の発売が決定
山田洋次監督最新作、映画『母と暮せば』の最新ビジュアルが解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 桜井
    • 猫ライター(登世子)
    • 久保田和馬
    • 田下愛
    • 増當竜也

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo