広末:勇気につながったら―映画『はなちゃんのみそ汁』初日舞台あいさつ

がんのためこの世を去った女性と、その5歳の娘と夫、家族との日々をつづった同名エッセイを映画化した『はなちゃんのみそ汁』が、2015年12月19日に東京と福岡で先行公開となった。公開初日となった昨日、福岡・TOHOシネマズ天神 ソラリア館で、公開初日舞台挨拶が行われ、主演の広末涼子らが登壇した。

広末「淡々とした日常の中の小さな大切なことを教えてくれる」

はなちゃんのみそ汁 福岡 舞台挨拶

映画『はなちゃんのみそ汁』の舞台となった福岡での公開とあって、家族連れなど待ちわびた観客で会場は満席状態となったこの日、鑑賞を終えたばかりで感動冷めやらぬ中、広末涼子、滝藤賢一、一青窈、阿久根知昭監督が登場した。

冒頭、主人公・安武千恵役の広末涼子は「家族や命の温かさを感じさせてもらえる映画になったのではないかな、と思っています。初日を迎えて、皆さんの温かい笑顔を見ることができて、本当に幸せです。この映画に関われてよかったな、と思います」と初日の喜びを口にした。

はなちゃんのみそ汁

続いて挨拶した安武信吾役の滝藤賢一は「安武信吾を演じました、滝藤賢一、ばい。福岡の皆さんと迎えられたことがとってもうれしい、ばい」と博多弁風にあいさつすると客席からは笑いが起こっていた。

広末の姉・千恵役で出演し、出産後これが初イベントとなる一青窈は「この映画に携わっていた間中、妊娠、そして今出産したあとで、私にとってはものすごい人生の大きな変換期をこの映画と過ごすことができました。それを見てくださったことがすごく私の中でうれしい」とコメント。

はなちゃんのみそ汁

本作について、広末涼子は「本当にどのシーンも大切なエピソードがいっぱい詰まっていて」と前置きし「急に涙を誘われたり、また笑わされたり、そしたらまた次ちょっと切なくされたり。それがすごく日常的というか、淡々とした日常の中の小さな大切なことを教えてくれるから、すべてのエピソードが愛しくて大切です」と噛みしめるように思いを語った。福岡で思い入れのあるロケ地は、実際に原作の安武さんが勤務する新聞社と言う滝藤賢一は「僕のファーストシーンで、広末さんと芝居するのも初めてだったので思い入れがありますね。実際の場所でやれるって気持ちが違いますよね」と振り返った。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 内田俊太郎
    • 川口裕樹
    • 中村真実
    • Yamazaki
    • 大場ミミコ
    • 茅ヶ崎の竜さん

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo