辛酸なめ子、タワマンに恐怖感―『ハイ・ライズ』著名人の絶賛コメント到着

SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化した『ハイ・ライズ』を一足先に観た各界の著名人からのコメントがシネマズに到着した。

映画『ハイ・ライズ』各界著名人が絶賛コメント

ハイ・ライズ メイン

高名な建築家ロイヤルによって設計された高層マンション(=ハイ・ライズ)群は、ロンドンにほど近い通勤圏内にありながら、喧噪から切り離された別世界。各戸はラグジュアリーな内装と抜群の眺望を誇り、敷地内にはスーパーマーケット、プール、医療施設、小学校など、あらゆる設備が整っている。理想のライフスタイルを求めてこの場所に引っ越して来た医師のラング(トム・ヒドルストン)は、毎晩のように隣人たちが開く派手なパーティに招かれて新生活を謳歌していた。しかし、ラングは低層階に住むワイルダー(ルーク・エヴァンス)から、この建物にはフロアごとに階級が存在し、互いに牽制しあっている事実を知らされる。そして、ある晩起きた停電を境に住民たちの問題は顕在化し、マンションは内部から崩壊を始める――

ハイ・ライズ サブ6

映画『ハイ・ライズ』は、SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化する作品。上階に行くにつれ住民が富裕層になっていく新築の40階建て高層マンション(=ハイ・ライズ)で巻き起こる、パーティ三昧の贅沢な毎日を過ごしていたセレブたちが堕落し、じわじわと崩壊していく様子をミステリアスかつアーティスティックな映像美で描いていく。

ハイ・ライズ 劇場マナー2

医師ラングを“ポスト ジェームズ・ボンド”の最有力候補として世界中から熱い視線を集めるトム・ヒドルストンが演じるほか、ジェレミー・アイアンズ、ルーク・エヴァンス、シエナ・ミラー、エリザベス・モス、ステイシー・マーティンといった人気俳優たちが集結する。メガホンをとるのは、ベン・ウィートリー監督。

このたび本作をいち早く鑑賞した各界の著名人からの絶賛コメントがシネマズに到着した。


トム・ヒドルストンが「最高の備品」の高層マンションだと!?
閉ざされた楽園の崩壊は、なぜこんなに醜くて美しいのか。涎の出そうな映像美に陶酔する。

――雨宮まみ(ライター)

もともと理想郷という言葉も概念も、非人間的な管理社会を指していた。
それを突きつけられる映画だが、作品としては理想的な極上空間が約束されている。

――岩井志麻子(作家)

タワーマンションは現代のバベルの塔。
天に近付く程、内部は崩壊する天罰が・・・・・・。
この作品を観てから、タワマンが怖くて直視できません。

――辛酸なめ子(漫画家/コラムニスト)

目に美しい70年代デザインと、トム・ヒドルストン。
実は生々しい話なのに、彼だけどこか曖昧で酷薄なカリスマ感があってよかったです。

――萩原麻理(ライター)

階級社会の英国人が、「イギリスの歴史」をひとつのタワーに詰めて、上下にぎゅんぎゅんシャッフルしてしまった。呆気にとられる崩壊劇。でも、意外に爽快かも。

――古川日出男(作家)

上層階のシャイニーセレブの皆さん、「いい気味~!」
人間社会のグロい裏側もトムのエロい肉体も、ぜーんぶ露わにしてもらいましょっ。

――ブルボンヌ(女装パフォーマー)

007のスーツをブラッシュアップしたようなスーツを着こなしたトム・ヒドルストンは完璧!

――干場義雅(『FORZA STYLE』編集長/ファッションディレクター)

クローネンバーグ作品を踏まえたベン・ウィートリーの映像はA級のブラック・コメディにビルド・アップされており、
クリント・マンゼルを軸にDAFやポーティスヘッドなど過去と現在を自在に引用する音楽も気が利いている。

――三田格(音楽ライター)

「未来の技術は、人が人でなくなることを可能にすることで人を解放する」という1960年代末の「マルクーゼのテーゼ」を体現した1975年の原作が、40年後に映画化される。
そこでは渾沌こそがユートピアになる。

――宮台真司(社会学者)

70年代後半、僕は建築を学んでいた。この映画の意匠やディテールは、懐かしく、ほろ苦く、覚醒的だ。こんな凄い映像を作り出せる才能に拍手したい。

――森博嗣(作家)

テーマは重厚……だけど、ロキ様が脱ぐ! 暴れる! くるう!
英国男子好きにはテッパンのトム(ヒ)がマウンティング社会の狂気のサバイバーを熱演。

――よしひろまさみち(映画ライター)


映画『ハイ・ライズ』は、2016年8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開。

ハイ・ライズ ポスタービジュアル

(C)RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • アスカ
    • 奥野 大児
    • hosohana
    • あかめ
    • ながち
    • タクスズキ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo