園子温監督自主映画第一弾!モノクロSF『ひそひそ星』

『地獄でなぜ悪い』『ラブ&ピース』の園子温監督が2014年にシオンプロダクションを設立し、その第1作目となる『ひそひそ星』が、2016年の日本公開に先駆けて、2015年11月21日に行われる第16回東京フィルメックスのオープニング作品として上映されることが決定した。
ひそひそ星_仮メインs(C)SION PRODUCTION
本作は、構想25年を経て結実したモノクロームのSF作品であり、園子温の奥様である女優・神楽坂恵を主演に、大きな宇宙船のセットを組み、東日本大震災の傷跡が残る福島県の富岡町・南相馬・浪江町でロケを行った。
未だ仮設住宅に住む地元の方らの協力を得て、記憶と時間、距離への焦燥を、“ひそひそ”と声のトーンを落とした特異なセリフ回しで描き出した。

【ストーリー】
主人公はアンドロイドの女性。鈴木洋子“マシンナンバー722”は、昭和風のレトロな内装の宇宙船レンタルナンバーZに乗りこみ、静寂に包まれた広大な宇宙空間を果てしなく旅している。いくつもの寂しい星に降り立っては、すでに滅びゆく絶滅種と認定されている人間たち一人一人にかけがいのないものを届けるために……。

第16回東京フィルメックス公式サイト http://filmex.net/2015/

関連記事

『独裁者と小さな孫』場面写真解禁&監督トークショー決定!
女子高生殺害を巡る暴力の連鎖―キム・ギドグ監督最新作16年1月公開決定
「人を喰ったって…」衝撃的な台詞から始まる塚本晋也監督『野火』特報公開
壁一面のウルトラお絵かき体験!ウルトラマンギンガS親子特別試写会参加レポ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • hosohana
    • タクスズキ
    • 井上大輔
    • apopo
    • 石原弘之

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo