激しく愛がぶつかる…大人の壁ドンッ!映画『花芯』本編映像を一部公開

花芯 壁ドン

本日8月6日より公開となった、瀬戸内寂聴原作の同名小説初の映画化となる『花芯』(R15+)より、”大人の壁ドン”シーンが収められた本編映像が公開された。

激しくぶつかりあう愛情と憤り『花芯』

花芯 村川絵梨

「きみという女は、からだじゅうのホックが外れている感じだ」―それが園子(村川絵梨)の恋人・越智(安藤政信)の口癖であった。園子は、親が決めた許婚・雨宮(林遣都)と結婚し息子を儲けていたが、そこに愛情はなかった。ある日、転勤となった夫について京都へ移り住んだ下宿で越智と出会い好きになってしまう。生まれてはじめての恋に戸惑いながらも、自身の子宮の叫びは次第に大きくなり抑えられなくなっていく――

花芯 瀬戸内寂聴

映画『花芯』は、新進作家として瀬戸内寂聴がまだ瀬戸内晴美の名前で執筆していた当時「新潮同人雑誌賞」を受賞するも、1957年発表当時批評家から「子宮作家」と批判を浴び、長く文壇的沈黙を余儀なくされた、同名の鮮烈な恋愛文学を映画化する作品。主人公・園子を村川絵梨が演じるほか、林遣都、安藤政信、毬谷友子など、実力派俳優たちが顔を揃える。メガホンをとるのは『blue』『僕は妹に恋をする』『海を感じる時』の安藤尋監督。

このたび、村川絵梨演じる主人公・園子の、夫・雨宮(林遣都)が、妻対する愛情と憤りの入り混じる”大人の壁ドン”を披露している本編映像が解禁となった。

花芯 壁ドン

到着した映像では、主人公・園子の不倫を疑い夫・雨宮が詰め寄る場面から始まり、園子を求めるも完全に拒絶された雨宮が激高し、握り拳で壁を豪快にひと突きする緊迫感溢れるシーンとなっている。

林遣都が演じる雨宮は、全身全霊で園子を優しく包み込み、結婚するまで純潔を守り続ける理想的な夫。結婚初夜には園子と初めて体を重ね合わせるも、うまく事を運ぶことが出来ない程の純朴な青年だ。

花芯 林遣都

林遣都は自身の役について「雨宮の内面は崩壊していると思いますが、園子の事が好きだから、大切にしたいという思いでグッとこらえることのできる男の方がより関係性が成り立つと思いますし、原作の簡単には見えない部分というのはそういう所ではないかと監督にも言われ、そう考えながら演技していました」とコメントしており、今回の映像でも、裏切られているにも関わらず捨てられない愛情との葛藤で苦しむ雨宮の姿が痛々しく映し出されている。

映画『花芯』は2016年8月6日(土)より、テアトル新宿他全国公開。

(C)2016「花芯」製作委員会

関連記事

村川絵梨「近くで見てほしいと思うように…」『花芯』安藤尋監督の超接近演出術
肉体の悦びに目覚める、その女―村川絵梨の新境地『花芯』予告映像解禁
村川絵梨、林遣都へ「…大好きです」安藤政信はルーキーズからのファンと告げるも…
瀬戸内寂聴「思いがけない幸運を冥土の土産に」思いの丈を綴った手紙全文
狂おしいほどに官能的…毬谷友子が魅せる妖艶な未亡人、その剥き出しな本能

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • じぇみじぇみ子
    • kaiya
    • 木村うい
    • あかめ
    • 小峰克彦
    • 大谷和美

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo