映画『君の名は。』描き下ろし新ビジュアルを公開―かたわれ時を再現!

現在大ヒット公開中の映画『君の名は。』から、劇中シーンを描き下ろしで完全再現した新ビジュアルがシネマズに到着した。

映画『君の名は。』新ビジュアルを公開

映画『君の名は。』は、夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。山深い田舎町に暮らす女子高校生が夢で見た、東京に暮らす男子高校生、世界の違う2人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを描く。気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の3年ぶりの新作だ。

8月26日に全国301スクリーンで公開され、公開3日間で観客動員95万人、興行収入12億円を突破。映像美と心を震わす感動のストーリーが話題となり、幅広い世代が劇場に殺到。連日様々なメディアで特集が取り上げられ、ブームを超えて社会現象化している。先週末の週末映画ランキングではついにV7を達成。10月10日までの46日間で、入場人員1,119万人、興行収入145億円を記録し、さらに記録を伸ばし続けている。

また公開後、サンセバスチャン国際映画祭、釜山国際映画祭、ロンドン映画祭に参加、世界89の国と地域での世界配給が決まり、10月21日の台湾公開を皮切りに、11月17日の香港公開、11月24日のイギリス公開と、世界でも“新海ワールド”の席巻が期待される。

このたび本作の新ビジュアルが予告通り解禁となった。

君の名は。 新ビジュアル かたわれ時
(C)2016「君の名は。」製作委員会

このたび解禁となったビジュアルは、映画終盤で主人公・瀧とヒロイン・三葉が、彗星が地球に最も接近する日の夕方(かたわれ時)に、糸守湖を見渡す山頂で、劇中初めて出会うシーンをイメージしたビジュアル。映画の記録的な大ヒットを受け、観客への感謝の気持ちをこめ、新海誠監督、キャラクターデザインの田中将賀、美術監督の丹治匠ら本作のスタッフが、新たに描き下ろしたビジュアルとのこと。

このビジュアルは、本日10月14日の東京:朝日新聞、大阪:朝日新聞・読売新聞、愛知:中日新聞、福岡:西日本新聞、北海道:北海道新聞(全て朝刊)に、『君の名は。』大ヒット記念広告として使用されたほか、ポスターとして12月上旬より全国の映画館で順次掲出される予定。

新海誠監督は「想いと願いを他者に届けようともがくこと、それがこの映画のコアです。そういう瞬間を、あらためてこのイラストに描きました。『君の名は。』がとても多くの観客に届きつつあることを、心より感謝しています」とコメントを寄せている。

関連記事

『君の名は。』深すぎる「15」の盲点
『君の名は。』が大傑作となった7の理由
新海誠作品オールナイト上映決定!
RADWIMPSが彩る「時と音の世界」を紐解く。
『君の名は。』開始15分程度でハッとした理由

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • よしかわあやの
    • 星井 七億
    • ヒナタカ
    • じぇみじぇみ子
    • カツセマサヒコ
    • 東京散歩ぽ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo