『君の名は。』プチョン国際アニメーション映画祭で優秀賞&観客賞をW受賞

現在大ヒット上映中の新海誠監督作品『君の名は。』が、韓国・プチョン国際アニメーション映画祭にて優秀賞&観客賞をW受賞した。

映画『君の名は。』プチョン国際アニメーション映画祭で快挙

君の名は。サブ

映画『君の名は。』は、気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の3年ぶりの新作で、夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。山深い田舎町に暮らす女子高校生が夢で見た、東京に暮らす男子高校生、世界の違う2人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを描いた作品。

先週末の映画ランキングではV9を達成し、観客動員は1260万8,655人、興行収入は164億10,815,600円と大ヒットを遂げている。先日、世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭ではアニメーション作品の部門であるAnima’t部門の最優秀長編作品賞にあたる「Award for Best Feature Length Film」を受賞した本作。

このたび、韓国・プチョン(富川)で開催されていた、第18回プチョン国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門にて、優秀賞(Special Distinction Prize)と観客賞(Audiences Prize)をW受賞した。同部門で優秀賞と観客賞をダブル受賞するのは史上初の快挙。

今年で18回目になるプチョン国際アニメーション映画祭は芸術的に優れたアニメを発掘し、その深い魅力を世の中に見せるアニメ映画祭。フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭など海外のアニメーション映画祭で認められた作品が数多く出品され、韓国や日本、中国などのアジア圏だけでなく、全世界の優秀な作品が集まる映画祭として注目されている。

新海誠監督は今回の受賞について「2つも賞をいただきありがとうございます。韓国の皆さんの『君の名は。』への熱を改めて感じる機会となりました。この度、このような賞をいただけて大変嬉しく思います」とコメントを寄せている。

『君の名は。』は、既に世界89の国と地域で海外配給が決定。今月21日より海外初の劇場公開となった台湾では、全台湾で46スクリーンで上映。台北での公開週末3日間の興行収入ランキングでは1位を記録し、大ヒットスタートするなど、日本国内のみならず世界でもその勢いを加速させている。

(C)2016「君の名は。」製作委員会

関連記事

『君の名は。』深すぎる「15」の盲点
『君の名は。』が大傑作となった7の理由
『君の名は。』ポニョ超えで神木隆之介声優作品が歴代興収10位内に3作品!!
皆が疑問に思った、あの「引き戸」シーンの意味とは?
あの感動が更に倍増!『君の名は。』リピーターが観るべき映画とは?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 朝井麻由美
    • 岡部照将
    • 井上大輔
    • 久保田和馬
    • 木村うい
    • 葦見川和哉

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo