滝沢秀明が清水崇監督ホラーで映画初主演へ!共演に有岡大貴&門脇麦

「呪怨」シリーズなどで知られる清水崇監督のオリジナルホラー作品で、滝沢秀明が映画初主演を果たすことが明らかとなった。映画のタイトルは『こどもつかい』で、共演にHey! Say! JUMPの有岡大貴、女優・門脇麦が名を連ねる。

清水崇監督と滝沢秀明が初タッグ!映画『こどもつかい』製作決定

とある郊外の街で、次々と行方不明になる子供と、その周りで起こる大人たちの不審死事件。「いつの間にか帰ってきた“こども”に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げる」という噂がネット上を賑わせていた。地方新聞記者の江崎駿也(有岡大貴)は、子供が大人たちを殺すなんてありえないと、不審死事件の真相を追いはじめる。一方、駿也の恋人、原田尚美(門脇麦)は保育所に勤めていたが、ある日ひとりの男の子の母親が夜中になっても迎えに来ないため、尚美がその男の子を預かることになってしまう。そこへ忍び寄る、ひとつの影―こどもつかい(滝沢秀明)。やがて行方が分からなくなる尚美が預かった男の子。それは、“こどもつかい”が駿也と尚美に迫る、恐怖の序章に過ぎなかった――

映画『こどもつかい』は、「呪怨」シリーズをはじめ、常に新しい作品を世に生み出し続ける、ホラーの旗手・清水崇監督が、完全オリジナルストーリーで描く新たなホラー作品。

主演をつとめるのは、数多くの話題のドラマに出演、舞台「滝沢歌舞伎」では主演のみならず演出も手掛け、海外公演も成功させるなど日々進化を続ける滝沢秀明。“こども”の霊を操り、大人に呪いをかける、謎の男「こどもつかい」を演じる。滝沢秀明の映画への出演は17年ぶりで、本作が映画初主演となる。

共演は、次々と起こる不審死事件の謎を追う新聞記者・江崎駿也役に、Hey! Say! JUMPのメンバーとして人気を博し、その活躍の場を広げている有岡大貴。恐怖の連鎖を止めるべく、“こどもつかい”の闇に勇敢に立ち向かっていく駿也を体当たりで演じる。さらに駿也の恋人であり、こどもつかいに翻弄される原田尚美役を、話題作への出演が続き、若手演技派女優として注目の門脇麦が演じる。

今回の発表に併せて、キャスト陣ならびに清水崇監督からのコメントがシネマズに到着している。


滝沢秀明/こどもつかい役

今回、初めてホラー映画へ挑戦をさせていただくこととなり、今からどう演じるか楽しみでいっぱいです。
そして数々の大作を手掛けていらっしゃった清水監督とご一緒出来る事も大変嬉しく思います。
この作品は、怖いだけではなく笑いもあったり、人間の成長物語だったりと
沢山のテーマがあり、今までにない作品になりそうです。
完全オリジナル、新ジャンルのホラー映画を皆様にお届け出来るよう撮影に挑みたいと思います。

有岡大貴/江崎駿也役

僕も当時「呪怨」を観て、こんなに怖い映画を作るのはどんな人なんだと怨んでさえいましたが、実際にお会いしてみて、清水監督の醸し出す和やかな雰囲気のおかげで、楽しんで撮影に臨めそうです。
初めての映画の現場ですが、こどもつかいに翻弄される江崎駿也という役を自分のものにできたらと思います。

門脇麦/原田尚美役

文化祭のお化け屋敷もリタイアしたくらいに怖いものは苦手で、今回も明るい昼間のうちにしか台本を開けず今からこんなで大丈夫かしらと正直不安もありますが、そんなことより初めての清水組!初めての本格的なホラー作品!初めて尽くしで胸躍るときめきがその不安を軽々越えています!ホラー初心者な私ですが気持ちを新たに頑張ります。
今作は登場人物それぞれが何かと葛藤していて、私が演じる尚美もまたトラウマを抱えながら生きてる女性です。ホラー作品ですがファンタジー要素もあり、そこを清水さんがどう表現されるのか今からワクワクしています。こどもつかいと対峙してからの尚美の心情の変化、過去とどう向き合うのかを丁寧にリアルに表現していけたらと思っています。

清水崇

子供の世界は脅威です。
彼らの内宇宙は、純粋無垢で片付けきれない残酷性や鋭敏過ぎる感性も内包しています。
これまで幾つものホラー映画を作ってきましたが、今回は滝沢さんと共にかなり狂ったホラーキャラクターを生み落します。 これまでの邦画に無かった、そして見た事も無いタッキーの役どころにご期待ください。
また〝大人と子供〟〝現実と非現実〟の狭間で翻弄される有岡くんと麦ちゃんの姿も楽しみです。
娯楽としての怖さはもちろん、現実社会の問題を背景に展開する、滑稽且つ、はらわたの煮えくり返る様なドラマに仕立てます。


映画『こどもつかい』は2017年全国ロードショー。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 星井 七億
    • はな
    • 大谷和美
    • 黒宮丈治
    • グアリーニ・ レティツィア
    • kaiya

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo