残酷までにも美しき世界観―映画『ライチ☆光クラブ』場面写真解禁!

ライチ☆光クラブ

2016年2月13日より公開となる、古屋兎丸氏によるロングセラーコミックを映画化した映画『ライチ☆光クラブ』の場面写真が解禁となった。

映画『ライチ☆光クラブ』場面写真解禁!

ライチ☆光クラブ 映画

「ライチ☆光クラブ」は劇作家・飴屋法水が、俳優・嶋田久作らと結成した劇団「東京グランギニョル」によって1985年に発表された伝説の舞台。演劇のアンダーグラウンドシーンにセンセーショナルを巻き起こし、人気を博したが「ライチ☆光クラブ」を含む4作品発表し結成2年後に解散。高校時代にこの舞台に衝撃を受け、後に漫画家となった古屋兎丸が、舞台初演から20年後の2005年に、この舞台の世界観を忠実に継承しながら、より残酷で美しい少年たちの物語として甦らせた作品だ。漫画を元にし再度舞台となった演目も、毎公演即完売となる人気の演目となっており、今回その不朽の物語が、オリジナルの舞台上演から30年の時を経て、満を持しての映画化となった。

物語は、大人のいない世界をつくろうとした9人の少年たちと、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”、そして少女カノンの恋が、圧倒的に美しくダークな世界観で描かれるダークファンタジーとなっている。

光クラブの創設者でリーダーのタミヤを野村周平が、醜い大人を排除した世界を理想とするカリスマ・ゼラ役を古川雄輝が、少女カノンを中条あやみが演じる。その他にも、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音といった今旬な若手俳優達が顔を揃える。少年同士の愛など、センセーショナルな話題に富む本作のメガホンをとるのは『先生を流産させる会』など過激なテーマにこれまでも挑んできた内藤瑛亮監督。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 立岡未来
    • 廣田喜昭
    • Yamazaki
    • ヒナタカ
    • 藤井隆史
    • 夏目幸明

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo