市川海老蔵vs中村獅童! 新作歌舞伎「六本木歌舞伎」で“地球を投げる!”荒事披露?!

シネマズです!なんと!市川海老蔵さんと中村獅童さん共演♪2015年2月上演の「六本木歌舞伎」脚本は宮藤官九郎さん!そして演出 三池崇史監督という豪華コラボレーションが実現♪

海老蔵&獅童+三池崇史&クドカンで史上初めて六本木で歌舞伎公演:映画.com

2015年2月3日から18日、EXシアター六本木にて上演の新作歌舞伎「六本木歌舞伎」製作発表が行われ、市川海老蔵さん&中村獅童さん、そして脚本 宮藤官九郎さん、演出 三池崇史監督という豪華な四人が集結。

六本木歌舞伎故 中村勘九郎さんが、海老蔵さんに「成田家の芸は荒事なんだから、最後は海老蔵が地球を投げるくらいのことをやってほしいね!」と話していた言葉が発端となり、海老蔵さん&獅童さんが「何か新しいことやりたい」と意気投合。

なんと!その場で海老蔵さんが三池監督を、獅童さんが官九郎さんを電話で口説き落として、この個性豊かなコラボレーションが実現したんだそうです!

六本木歌舞伎獅童さんは「話して盛り上がって終わっちゃうことが多いから、すぐ行動する“勢い”が大事!宮藤さんに書いてもらったら面白そうだと思った」と話すと官九郎さんも「話は急だったけれど、思いはすぐに分かった」と、その場で快諾。
今回、歌舞伎“初”演出となる三池監督も「歌舞伎の演出を“一生に一度できたら”と、遠い将来の夢として持っていた。映画では破壊者と言われているが、歌舞伎役者が培ってきた伝統ってすごいよね!というものを見せたい」と、歌舞伎へのチャレンジに意欲満々の様子。

官九郎さんが執筆を進めている脚本は、元禄時代を舞台に、海老蔵さん演じる正義の味方vs獅童さん演じる“宇宙人”の悪の親玉の対決を描く物語…とのコトで、海老蔵さんが「そのままです♪」と言えば、獅童さんは「そのままじゃないよ!」とつっこむ、早くも息ピッタリの掛け合いを見せていらっしゃいました!

この豪華な四人のコラボレーションで、どんな新しい歌舞伎を見せてくれるのか?!皆さまぜひ続報にご期待ください♪

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • kaiya
    • 猫ライター(コロン)
    • なぎさ
    • 葦見川和哉
    • kamito努
    • 川口裕樹

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo