「素敵な監督と脚本があれば、どこへでも♪」東京国際映画祭 映画『紙の月』特別上映で宮沢りえさん舞台挨拶!

シネマズです!ただいま好評開催中の「東京国際映画祭」ステキな作品が続々 上映される中、いよいよコンペティション部門“日本代表”として我らが『紙の月』が特別上映!記者会見&舞台挨拶が行われ、主演の宮沢りえさん、池松壮亮さん、吉田大八監督がご登壇♪

10月25日 第27回東京国際映画祭 記者会見&舞台挨拶レポート:公式サイト最新情報

紙の月この日は、レッドカーペットイベントのセクシーなドレスから一転、キュートなピンクのミニドレスに身を包んだ宮沢さんも「たくさんの海外メディアにも注目されて興奮しています♪」と、華やかな映画祭の雰囲気には緊張と興奮の様子でご挨拶。

7年ぶりの映画主演作となる本作に、宮沢さんは「7年間“舞台”を経験していました。その間も映画のオファーは頂いていたんですが、“舞台にきちんと立てる役者”になりたいと目標を建てて40歳までは出来るだけ身も心も舞台に費やしてきたんです。(40歳になって)そろそろ映画をやりたいな…と思っていた時に、ちょうど『紙の月』のオファーを頂いて!」と本作出演の経緯を語り「タイミングってとても大事ですね♪7年間溜めておいたものを全部放出できました!」と、大満足の撮影を振り返られました。

紙の月それを聞き吉田監督も「ずっと舞台でお仕事をされて映画から距離を取っていらしたのを、映画人としては“悔しく”思っていたんです。この作品のオファーも賭けだったんですが、宮沢さんが引き受けてくれたことで“勝負できる作品”になったと改めて自信を持ちました。…タイミングが良かっただけ、というのは後で知りましたけどね(笑)」と笑顔でコメント。
宮沢さんからはすかさず「それだけじゃなく、吉田監督にも興味があったんです(笑)」と、息のあったフォローが(笑)!

紙の月コンペティション部門の日本代表となった事で、国内外から大きな注目を頂いている本作。吉田監督も「ふだん日本語で考えて映画を作っているので、それが日本以外の世界では“どういう位置づけ”で見えるのか、想像すると刺激的で楽しみですね!」と、世界挑戦にもいつもと変わらない余裕の表情。
池松さんは「コンペに選ばれたからには、自信を持って結果を待ちたい!」と意気込みを語り、さらに宮沢さんに記者から“これから海外オファーがあったら?”と質問が飛ぶと「素敵な監督と脚本があれば、どこへでも行くつもりです!」と、満面の笑みを浮かべていらっしゃいました♪

「梨花という役に“地球3周分マラソンをした”ぐらいのエネルギーを使いました」と挨拶された宮沢さん。「公開初日がゴールだとするとゴールがそろそろ見えてきて、歓声が聞こえてきそうな“クライマックス”に差し掛かったところ。観た方がどんな感想を言ってくださるのか…とても怖いですが、妥協せずに大切に携わってきた作品です。楽しんでご覧いただきたいと思います♪」と、映画祭を通じ日本のファンの皆さま、世界中の映画ファンに本作に込めた熱い思いを語られました。

紙の月

最も美しい横領犯。映画『紙の月』は11月15日(土)公開スタート!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • kamito努
    • 石原弘之
    • 大谷和美
    • 村松健太郎
    • ゆうせい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo