驚異の映像美で送る叙事詩『光のノスタルジア』『真珠のボタン』公開決定

2015年ベルリン国際映画祭で銀熊賞脚本賞を受賞、本年度の山形国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門への出品が決定した『真珠のボタン』と、その連作である前作『光のノスタルジア』の2作品が2015年10月10日(土)より公開されることが決定した。

南米ドキュメンタリーの巨匠が送る圧倒的映像美

『真珠のボタン』『光のノスタルジア』を手がけたのは南米ドキュメンタリー映画の巨匠、パトリシオ・グスマン監督。今回公開されることになった2作品は、パトリシオ・グスマン監督が迷える文明社会に脅威の映像美で問いかける一大連作叙事詩となっている。

真珠のボタン

『真珠のボタン』は全長4600キロ以上にも及ぶ南米チリの長い海岸線が舞台。チリ、西パタゴニアの海底で真珠貝のボタンが発見される。そのボタンは政治犯として殺された人々や、祖国と自由を奪われたパタゴニア先住民の声を我々に伝える。

火山や山脈、氷河といったチリの超自然的ともいえる絶景の中で流れてきた多くの血…人類の歴史を記憶している海から見つかったボタンによって明らかにされていく。

光のノスタルジア

『真珠のボタン』の前作であり、2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞を受賞した『光のノスタルジア』はチリのアタカマ砂漠が舞台。標高と乾燥した空気のため天文観測所として世界中の天文学者が集まるこの地は、独裁政権下で政治犯として捕らわれた人々の遺体が埋められている場所でもある。

生命の起源を求めて銀河を探索する天文学者と、行方不明になった肉親の遺骨を捜して砂漠を掘り返す女性たち。永遠ともいえる天文学の時間と、愛する者を失った遺族の止まってしまった時間。天と地の時間の交差を描いている。

映画『真珠のボタン』『光のノスタルジア』は2015年10月10日(土)より岩波ホールほか全国で順次公開。

関連リンク

橋本愛が着物姿でベルリンを魅了『リトル・フォレスト』ベルリン国際映画祭で上映
第2次世界大戦の真実に迫るドキュメンタリー『ひとりひとりの戦場』公開決定
体長30cmの世界!『小さな世界はワンダーランド』TV版noBD&DVD発売
夏到来!今スグ「冒険に出たくなる!」ワクワク映画をまとめみた!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大谷和美
    • 村松健太郎
    • 猫ライター(登世子)
    • 久保田和馬
    • グアリーニ・ レティツィア
    • つちや ゆみえ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo