三戸なつめ、切りすぎた前髪で失敗…映画『パディントン』舞台挨拶

パディントン 松坂桃李 斉藤由貴 三戸なつめ 舞台挨拶

現在公開中の映画『パディントン』が、公開2日目となる本日2016年1月16日に舞台挨拶を行い、本作でボイスキャストをつとめた松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが登壇した。

松坂&斎藤&三戸が登壇!映画『パディントン』舞台挨拶

パディントン

映画『パディントン』は、世界30ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」を『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーであるデヴィッド・ハイマンが実写映画化した作品だ。すでに全世界では興行収入320億円を超える大ヒットを記録し、日本が最後の公開となった。

本作で主人公パディントンの日本語吹替を松坂桃李が、パディントンを温かく迎え入れてくれるブラウンさん一家の優しいお母さんを斉藤由貴、ブラウンさん一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディの吹替えを三戸なつめが担当しており、本日の舞台挨拶に登壇した。

上映前、パディントンがエスコートする形で松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが登場。「皆さん今日はお越しくださってありがとうございます!可愛らしいパディントンを観て、子供向け映画だと思っている方、結構びっくりされると思います。本当に面白い映画です!」と松坂桃李が挨拶すると、続く三戸なつめも「初めてのアフレコはすごく緊張しながらでしたが、パディントンにずっと癒されながら、楽しい時間を過ごすことができました。公開を迎えられて、素敵な時間を皆さんと共有できることが嬉しいです!」と興奮気味で挨拶。

一方の斉藤由貴は「私が演じたブラウン夫人は、パディントン駅でクマを見つけて、パディントンの名付け役なんです!そんな大役を演じられて光栄です。」とコメントしつつ「あっ!これ、ネタバレかしら!あんなに始まるまで注意していたのに。でも本当にすごく素敵なお話しで、私自身クマに泣かされるとは思いませんでした」と観客の笑いを誘った。

松坂桃李:本当にクマを演じるんですよね?

ついに映画が公開を迎えたことに対して松坂桃李は「クマの声のお話をいただいたときは、衝撃が走りました、正直最初は『む、無理かも』と思いながら『本当にクマを演じるんですよね?』って何度も聞き返してしまいました。でも有吉さんもやられていたし、頑張ってみようかと」と当初の気持ちを振り返り、「映像を観てからは、パディントンが終始可愛くて、早く皆さんにもその可愛さを伝えたいなと思っていたので、今日を迎えられて嬉しいです」とコメント。

斉藤由貴も「最初に映像を見た際に、ロンドンの街並みや、ブラウンさんのおうちが本当にステキで、美しくて。皆さんもあなどることなかれ!って感じです」とコメント。

三戸なつめも「小さい頃からパディントンが本当に大好きで、作品に携われたことは本当に光栄ですし、劇中、私が演じたジュディがパディントンと一緒にクマ語を話すシーンがあるのですが、まさかパディントンとクマ語を話す日がくるなんて!と嬉しかったです」とそれぞれ喜びを語った。

斉藤由貴:ブラウン夫人のもつ雰囲気も大切にして

“紳士すぎるクマ”のパディントンと自身との共通点を聞かれた松坂桃李は「ん~肌の色ですかね(笑)ずっとアフレコしながら思っていました。今日の服はパディントンをイメージした(ベージュ)なんです」と笑顔で返答。

一方、久しぶりの吹き替えとなった斉藤由貴は「サリー・ホーキンスさんが演じたブラウン夫人は英語を話しているわけで、話すスピードも長さも違うんですよね。そこにぴったり声をあてることに注意しながらも、彼女が演じたキャラクターのニュアンスを壊さないよう意識しました。また、アーティストであるブラウン夫人のもつ雰囲気も大切にして、でも私が演じることで、何かプラスしたいなと思いながら臨みました」とアフレコを振り返った。

パディントン ブラウン母

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • ゆうせい
    • 内田俊太郎
    • オオツカヒサオ
    • 黒宮丈治
    • 星井 七億

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo