耳栓をして役作り!負けず嫌い西内まりやが体当たりで挑んだ役とは?『レインツリーの国』

2015年11月21日(土)より全国公開となる映画『レインツリーの国』は、大人気作家・有川浩著の本作は、「図書館戦争」シリーズ第二弾の中に登場する架空の恋愛小説を実際に著者が作品化し、それを実写化したもの。
場面カット①

耳栓をして日常を過ごし役作り

本作で映画デビューを飾る西内が演じたのは、感音声難聴のヒロイン・ひとみ。
普段弾ける笑顔を見せる西内とは正反対で、自分の殻に閉じこもり内向的な役柄。
役作りにあたって、耳栓をして日々を過ごしたり実際に難聴者の方の話を聴いたり、体当たりで挑んだ西内は「私生活もなるべく1人で過ごしていました。何かを抱えて1人で生きる気持ちを身につけたくて、自分を殺そうと考えました」と語る。
場面カット③
三宅監督からは、「映画出演が初だとは思えませんでした。難聴の方でも聞こえ方って様々だと思うんです。そんななか、西内さんはひとみの耳を表現した。ひとみが聞こえていた、聞こえなかった音を表現していたんです。」と絶賛。

共演のKis-My-Ft2玉森裕太からも、「ひとみが、感音性難聴であることを初めて伸に打ち明けるエレベーターのシーンは何度も撮りました。西内さんが「もう一回!」と情熱をもって臨んでいて、僕も更に気持ちが入りました。」とアツいコメントが。
場面カット④
実際に30cm髪を切って撮影に臨んだ西内の、想いのこもった名演が期待出来る作品になりそうだ。
場面カット②
レインツリー

【STORY】
きっかけは伸が高校時代に好きだった「忘れられない本」。そこから「レインツリーの国」というブログの管理人であるひとみとメールで繋がり、会ったこともない彼女に惹かれていくー。「直接会いたい」という伸。「会えない」というひとみ。頑なに会うことを拒む彼女には、言い出せない「秘密」があった…。
「秘密=感音性難聴」を抱え、自分の殻に閉じこもっていたひとみ。パソコンの中に作ったブログ「レインツリーの国」は、唯一「秘密」を気にせず、活き活きと「言葉」を綴れる場所。そこに伸が現われ、ひとみに変化がおとずれる。
想い合うあまり、恋に傷つき迷う2人。伸とひとみの奇跡の出会いが、本当の〝障害″を乗り越えたとき、現実の世界に2人の「レインツリーの国=ときめきの国」を見つけることができるのかー

映画『レインツリーの国』は2015年11月21日(土)より全国ロードショー!
公式サイト http://raintree-movie.jp/
(C)2015「レインツリーの国」製作委員会

関連記事

西内まりやの表情にくぎ付け!『レインツリーの国』スペシャル映像公開
玉森裕太がキャンペーンに登場!『レインツリーの国』ハワイアンズとコラボ
『レインツリーの国』玉森裕太、西内まりやの直筆サイン入りスタンディ登場
玉森裕太主演の恋愛映画『レインツリーの国』原作が発売

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 増當竜也
    • 大場ミミコ
    • しましま
    • apopo
    • 星井 七億

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo