“今”の日本へ問いかける-映画『天空の蜂』各界の著名人のコメント到着!

2015年9月12日より公開となる映画『天空の蜂』。公開に先駆けて本作を観た各界の著名人からのコメントが寄せられた。

東野圭吾原作、堤幸彦監督作の大注目サスペンス・アクション超大作

天空の蜂 江口洋介 本木雅弘

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は”天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原発の破棄」を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する…燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間!姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった――

天空の蜂

原作者の東野圭吾氏もその“映像に圧倒された”と語るほど、とてつもないスケール、大迫力のアクションシーン、そしてノンストップで押しよせる興奮と衝撃。奪われたヘリの設計士・湯原を江口洋介、狙われた原発の設計士・三島を本木雅弘が演じ、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村準、向井理、石橋蓮司、佐藤二朗ほか、豪華俳優陣が集結。メガホンをとった堤幸彦監督によって、今年最も注目のサスペンス・アクション超大作に仕上がっている。

公開に先駆けて本作を観た各界の著名人からのコメントは以下の通り。

映画『天空の蜂』に対する著名人コメント

原発推進派は原発がゼロリスクでなく時には事故が起きることを正直に告白した上で有用性を主張すべきだし、反対派は感情論で何でも反対、どんな手段を用いても阻止すべき的な短絡的な動きをしてはならないよ、という戒めの映画。その裏には感情を表に出さず黙々と働く、しかし時には非難を恐れて自分の意見を言わない卑怯な大衆が隠れている。言い訳を許さない映画。

堀江貴文/実業家

安易な臭いがしない映画である 安易な褒め言葉が似合わない映画である。 映画屋が作った、本物の映画である。

坂上忍/俳優

最後まで真相が分からず、ハラハラドキドキしました。親子・家族・同僚など様々な人間関係のなかで、いろいろな感情が切なかった。

福士蒼汰/俳優

壮大なテーマの中に激しいアクションシーンがあり、ハラハラしながらも親子の絆、同僚への信頼、大切な人への愛が描かれており、お互いへの思いが深まるすてきな作品です。

前田敦子/女優

信じられないほど美しい緊張感と緊迫感。物語の幕が開いてすぐに、涙が止まらなくなり、後半は一時も目が離せない。色々なことがおかしい今の日本…たくさんのことが悲しい“今”に、観るべき…渾身の一作。

広末涼子/女優

手に汗握るだけではなく、身体中から汗が湧き出るうえに涙無しでは見れないのでバスタオルを用意してください!!
フジモンには湯原(江口さん)と三島(本木さん)のように、仕事においても人生においても自分がこう!と思った信念を貫き通して欲しいと思います!!

木下優樹菜/モデル・タレント

日本が直面している問題を描いた作品。今を生きる私たちにとって重要なテーマで、未来を作っていく子供たちにも伝えなければいけないと思いました。家族のために頑張っているお父さんたちをもっと応援したい気持ちになりました。

藤本美貴/タレント

経済や強い力に依存する国民性や、そこに潜む「沈黙の怖さ」を、20年前に原子力の問題と絡めた物語をこの時代に映画化したことが画期的です。フクシマ以前だからこそ、逆に伝わってくるエソラゴトの怖さは、人間を置き去りにして進みかねない科学や経済や政治の怖さでもあります。時代は懲りずに繰り返します。必見。

小林武史/音楽家

高度な技術力と非常に高い知性によって組み上げられた完璧な犯罪計画を捜査とレスキューのプロフェッショナルと最高レベルの技術者が迎え撃つ。ここまで、知力と体力の限界を尽くした戦いを描いた犯罪映画はいままでなかったのではないでしょうか。

越智啓太/法政大学教授(犯罪心理学)

見たくないものを見ないできた日本人。技術は悪魔にも奉仕する。福島第1原発事故を予見したかのような作家のおそるべき想像力によって不都合な真実が喉もとに突きつけられる。「生命より電力」を選ぶことで、全国民をあざむいたのは結局政府だった…

上野千鶴子/社会学者 認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長

東野圭吾×堤幸彦のタッグ…期待感MAX。これ映像化されるとどうなの?という素朴な疑問もぶっ飛ばすハラハラドキドキの展開。現代日本に突きつけられた強烈なテーマに、がっぷり四つ。期待を裏切らない傑作。

生島ヒロシ/フリーアナウンサー

国民より国家を優先する権力の完全犯罪。究極の機械文明を利用した恐るべき復讐。
手に汗握る攻防の中に輝く家族の絆。人間とは権力とは何か。
明白な危険に命を懸ける技術者と自衛隊。壮大な結末は今日の日本の裏面である。

森村誠一/小説家

映画の余韻がつづく。そのくらい圧倒的な作品だった。この作品の意義は大きい。
みんな他人事にせず、真剣に原発について考えなくてはいけない

室井佑月/作家

(順不同・敬称略)

映画『天空の蜂』は2015年9月12日より全国ロードショー。

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

関連リンク

堤幸彦:正しいやり方ではないが…映画『天空の蜂』完成報告会見・書き起し
堤幸彦監督最新作『天空の蜂』公開前にチェックしておきたい堤幸彦作品3選
スージョ必見の映画「シコふんじゃった。」に魅了されたなら「天空の蜂」もいかがですか?
ドローンの兵器利用を描く問題作『ドローン・オブ・ウォー』15年秋日本公開

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 村松健太郎
    • あかめ
    • 滝口アキラ
    • なぎさ
    • 木村うい
    • ながち

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo