今回ほどキャスティングに時間を使った映画はありません。『殿、利息でござる!』豪華追加キャスト解禁&扮装姿初披露

ベストセラー『武士の家計簿』著者磯田道史の近著『無私の日本人』の一編「穀田屋十三郎」を、『白ゆき姫殺人事件』『残穢』中村義洋監督が映画化。
殿、利息でござるB5表_CS5
先日情報解禁された阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡の出演情報に加え、皆に愛される飯屋のおかみ”とき”役に本格時代劇映画は初出演となる竹内結子、年老いて生まれたわが子を愛するイクメン遠藤幾右衛門を寺脇康文
主人公十三郎(阿部サダヲ)の祖父・穀田屋十兵衛役をきたろうが演じ、武士の身分に憧れる純真な百姓千坂仲内役を千葉雄大、極端に優柔不断な早坂屋新四郎に橋本一郎
ときを狙うハンター穀田屋善八を中本賢、噂好きでええかっこしい遠藤寿内役に西村雅彦、冷酷無比な藩の役人萱場杢役は本作で10年ぶりの時代劇出演の松田龍平、十三郎・甚内の母”きよ”を草笛光子、重三郎・甚内の父”先代・浅野屋甚内十三郎”には山﨑努と、錚々たるメンバーが集結した。
プリント
また、このたび初公開となる扮装姿も届いている。
★1110解禁 キャスト陣 銭背負い)殿、利息でござる!

とき役・竹内結子からコメントも

竹内結子:「残穢」に続きこんなに早く中村監督作品に呼んで頂けてとても嬉しく思います。
時代劇映画初ということでメイク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさと良い緊張感をもって
撮影に臨むことが出来たと感じています。
この作品は、町を救いたい一心で、人のために尽くす庶民たちのお話なのですが、
何でも誰かに言いたがり拡めたがりの時代に、報われたい欲を捨て敢えて「つつしむ」ことを選んだ人々の、その心の在り方がとても美しいと私は思います。
そんな人たちを近くで見ていたトキとしては、慎み深い皆さんに代わり、
是非、多くの方にこのことを知ってもらいたいと願っております。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • hosohana
    • 藤井隆史
    • 星井 七億
    • カツセマサヒコ
    • なぎさ
    • 木村うい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo