鬼才ジャウマ・コレット=セラの“先の読めない”サスペンス映画4選+NEW

ロスト・バケーション メイン

ブレイク・ライブリー主演最新作のサバイバル・ヒロイン・アクション『ロスト・バケーション』が2016年7月23日より公開となる。

サーファーで医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)がバケーションを利用して訪れた秘境の島で、“海のモンスター”のアタックにより絶望的状況に追い込まれていく本作は、スピルバーグの傑作『JAWS/ジョーズ』以来の“本格的サメ映画”との呼び声も高い。

ロスト・バケーション ジャウマ・コレット=セラ監督
ジャウマ・コレット=セラ監督

メガホンをとるのは過去にも自身が手掛けたサスペンス映画で、俳優・リーアム・ニーソンを本格アクションスターに仕立てたスペインの鬼才ジャウマ・コレット=セラ。

本作では、たったひとり海に残された女性が、抗えない状況や自然との格闘の中でどうやって生き延びていくかを、息をもつかせぬリアリズムと五感に訴えるスリリングな演出で緊張感たっぷりに描いている。

ジャウマ・コレット=セラ監督は、これまでも“先の読めない”サスペンス劇を数々手がけてきた。

鬼才・ジャウマ・コレット=セラの描く“先の読めない”サスペンス

蝋人形の館 BD

『蝋人形の館』(2005)

1953年の名作ホラー『肉の蝋人形』を、長編映画デビューとなるジャウマ・コレット=セラ監督がリメイクしたサスペンスホラー。クイック・カットやカラーなどといった編集に頼らず、蝋人形のリアルさや、恐怖にひきつる登場人物の表情など、ジャウマならではの演出で「これぞ古典的ながらも定番のホラーだ」と、ホラー好きの中でも呼び声が高い作品。

エスター
(C)DARK CASTLE HOLDINGS LLC

『エスター』(2009)

円満に暮らす四人家族が、孤児院から1人の女の子を招き入れたことから起きる恐怖を描いたサイコ・スリラー。「この娘、どこか変だ。」というキャッチフレーズとともにこちらを見つめる不気味な少女のポスターは強烈な印象を与えた。少女・エスターを演じたイザベル・ファーマンの怪演は「まさに身の毛もよだつ恐怖とはこのこと」と言わしめる。

アンノウン DVD
(C)2011 DARK CASTLE HOLDINGS, LLC

『アンノウン』(2011)

『96時間』のリーアム・ニーソンを主演に迎えた、ベルリンを舞台に繰り広げられるアクション・スリラー。交通事故から目覚めると妻が自分のことを忘れ、別の男が自分に成り済ましていたという作品。ただのアクション映画ではなく、見事なほどに先の読めないサスペンス劇に仕上げている。謎が終盤で紐解かれる様は快感と言っていいだろう。

フライト・ゲーム BD
(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. – STUDIOCANAL S.A.

『フライトゲーム』(2014)

『アンノウン』でタッグを組んだリーアム・ニーソンとの再タッグとなった作品。高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機内で起きる連続殺人に立ち向かう機内警備担当の連邦保安官が、その意外な犯人と真相にたどり着くさまが描かれるサスペンスアクション。『NON-STOP』という原題に偽りなく、事件が起こってからラストまで全く弛むことなく一気に駆け抜ける展開が、まさに“ジャウマ節”といえる作品だ。

ジャウマ・コレット=セラマの新たなサスペンス劇『ロスト・バケーション』

ロスト・バケーション サブ1

そして、まもなく公開となる映画『ロスト・バケーション』。

本作のプロデューサーを務めたリン・ハリスは、ジャウマの映画について「彼が作る映画は、どれもサスペンスに満ちているの。彼は、役者から最高の演技を引き出すし、観客の視点に立って、すべてのシーン、すべてのフレームを考えることができるの。その瞬間にどうすれば観客に一番満足してもらえるか、彼はちゃんとわかっているのよ」と、太鼓判をおしている。

主演のブレイク・ライブリーの美しい姿とともに描かれる、ジャウマ・コレット=セラマの新たなサスペンス劇。映画『ロスト・バケーション』は、2016年7月23日(土)より全国ロードショー。

ロスト・バケーションポスター

映画『ロスト・バケーション』あらすじ

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。そこはサーファーにとって最高の楽園。医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった――。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を生かし、着用していたラッシュガードを使い止血。サメの動きのパターンを解読。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは――

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 田下愛
    • ゆうせい
    • 石原弘之
    • 川口裕樹
    • 大場ミミコ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo