ゲスの極みのサラリーマン、JKに一目惚れして不倫

タイトル、全く盛ってません。むしろ抑えてます。ということで今回ご紹介する映画はゲスの極みな主人公が痛快な『アメリカン・ビューティー』です。

アメリカン・ビューティー (字幕版)

映画『アメリカン・ビューティー』は第72回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞などを受賞した作品です。「ビューティー」という言葉と裏腹に家庭崩壊を描く本作ですが驚くほどコミカルに描かれていきます。

※本記事は最終的な結末には触れていませんが、タイトルで触れている「ビッチJK」の真実には踏み込んでいます。予めご了承ください。

皮肉にコミカルに

この映画はブラック・コメディとでも言えるほど皮肉でコミカルな映画です。現代アメリカ社会の抱える闇についてユーモアたっぷりに描いていき、その中にはアダルティーな内容もふんだんに含まれています。

一応主人公はケヴィン・スペイシー演じるレスターです。この主人公が仕事にやる気を無くし、生きる気力も無くし、一日の楽しみは朝シャワー中に自慰行為をすることだけ。ゲスの極みです。

そんなレスターの妻は浮気に走り、娘は親を嫌い豊胸手術を夢見る毎日。

・やる気ない夫

・浮気に走る妻

・湿った空気の流れる冷たい家庭

・親を嫌う娘

・麻薬の売人

・麻薬の常習者

・虐待

・精神病

・殺人

・駆け落ち

・未成年との恋愛

・未成年との性交

これでもかと闇を描いていきます。しかし繰り返しますが超コミカルに描いていくのでもう本当に良い意味でゲスの極みであります。

タイトルの「アメリカン・ビューティー」とはバラの名前です。

主人公の妻キャロラインが庭に植えているバラはこのアメリカン・ビューティー。レスターのキモい妄想の中で女子高生が裸でまとっているバラもアメリカン・ビューティーです。

そしてビューティー=美しさという意味も当然持ち合わせ、映画はゲスの極みの人間たちの物語なのに「アメリカの美しさ」とタイトル付けて「イギリス人監督が製作した」という皮肉もまたお見事です。

皮肉やっぷりでありながらコミカルにどんどん展開していく物語は後味も謎の爽快さで多くの方が高評価。主観的にも客観的にも見ることができるので、みなさん自身が胸の奥に秘めている欲望や願望を自問自答できる映画でもあります。

「本当はそうしたいでしょ?」と痛烈に質問されてる感

「アメリカの美しさ」というタイトルの家庭崩壊話ですが、そこで描かれるそれぞれのゲスの極みたちの物語はそれぞれ「現実世界でそう思ってる人も結構いるよね」というものがあれこれあるんです。特に性的な部分で。

三大欲求と言いながら食欲や睡眠欲に比べてオープンに普段の会話ではできない性欲。その性欲はただ「ヤりたい」だけでなく、魅力的な人にドキドキやワクワクする事も含めてなかなかオープンに話しにくい現代社会。

この映画でもそれらは決して超オープンと言うわけではありませんが、それぞれのゲスの極みな人物たちは欲望をぶつけ合っていきます。

これくらいオープンに欲望通り生きたいとちょっと登場人物たちに憧れながらも、彼らの結末を見てしまうと、「やっぱ少しはリミッター持っておかないと大変なことになる」なんて思ったりも。

私たちの性的な欲望をかき乱す映画でもあり、終わった後でドン引きするか、とりあえず叫びたくなるか、羽目を外したくなると思います。それで良いと思いますし、欲望に支配されている人間とは何てみっともない人間なんだと諦め半分笑い半分で思えちゃったりもします。

映画の評価はこれだけぶっ飛んだ内容でも概ね良いもの。アカデミー賞も獲ってますしね。色々書いて逆に不安に思わせてしまってる部分もあるかもしれませんが、是非ご覧になって頂きたいと思います。

自称ビッチJKが実は奥手な処女という破壊力

タイトルにもした「自称ビッチJK」は実は奥手な処女。この破壊力が凄まじいです。高校のチアリーディング部の美女アンジェラがその役に当ります。

何人もの男を相手にして、そしてヤッてきたかの如く自慢話をするアンジェラ。下着姿を男に惜しげも無く見せたり、主人公のおっさんレスターに色目を使ったりと典型的「見た目からヤリマン」を見せつけます。

おっさんレスターはその色目に引っかって彼女で色々妄想する始末。おっさんレスターは妄想だけに留まらず、彼女を本気でゲットしようと身体を鍛えて「セクシーなおっさん」を目指すまでに。(突っ込みどころ満載)

そして雨の降る官能的な夜、リビングで二人きりになったおっさんレスターとヤリマンアンジェラは遂に本当にキスを交わし、レスターは彼女を脱がそうとします。

その時いきなりアンジェラがか弱い少女のような声と表情で「これが初めてなの。」と暴露。驚いたレスター、私たち観客も驚きます。それが真実。人は本当の自分をより良く見せるために嘘に嘘を重ねてコーティングしているのです。

処女隠しに限らなくてもありますよね、こういうの。本当はモテないのに口説かれたと自慢する人や、彼氏や彼女がいる設定にしている人など。恋愛に限らなくても強がっている人って多いと思います。それもまた人間の弱さであり現実ということなのかもしれませんね。

おそらくアンジェラにとって「セクシーなアンジェラ」は一つの理想だったのかもしれません。勇気を振り絞って処女を告白したアンジェラのことをレスターは押し倒そうとはせず優しさと言う愛で包み込んで服を着せてあげるのでした。

その先に何が起きたか?その衝撃の結末は是非本編を見て確認してみてください。

関連記事

ラブシーンを超越、ヤバすぎるマニアックプレイが観られる映画ベスト5

24時間以内にSEXしないと死ぬ奇病の女を救え!注目の短篇映画「チェンジ」と、イタリア版鋼鉄ジーグの映画を観た!

彼女はラブホテルに行くのが夢だった

(文:柳下修平

    ライタープロフィール

    柳下修平

    柳下修平

    シネマズby松竹編集長、1986年生まれ、今年で30歳。個人ブログ「Cinema A La Carte」も運営。映画イベント「映画の食事会」主催や幻冬舎「Ginger」及び「Spark Ginger」で映画コラム連載も。ブロガーメルマガEdge Rank執筆メンバー。映画以外ではカメラと旅行が趣味。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大谷和美
    • 柳下修平
    • 中村真実
    • よしかわあやの
    • ゆうせい
    • 廣田喜昭

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo