ガンダム&シャアザク 稲城に立つ!「いなぎ発信基地ペアテラス」がオープン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シネマズ公式ライターの田下愛です。

2016年4月23日(土)、東京都稲城市のJR稲城長沼駅高架下の新たな観光施設「いなぎ発信基地ベアテラス」のオープニングイベントが開催されました。

ガンダムとシャアザクの大型モニュメントが登場!

『機動戦士ガンダム』をはじめとする多数のロボットアニメのメカデザインを手がけた、日本を代表するメカデザイナーの大河原邦男さん。

東京都稲城市は、大河原さんの出身地で、近年、「メカデザイナーズサミット」の開催など、「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」を進行しており、「いなぎ発信基地ペアテラス」もその一環として実現したものです。

このペアテラスの一番の目玉は、広場に作られた大河原邦男さん監修による『機動戦士ガンダム』に登場する「RX7-78-2 ガンダム」および「MS-06S シャア専用ザク」のモニュメント(高さ約3.6m)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日のオープニングイベントでは、大河原さんをはじめ『機動戦士ガンダム』でメインキャストをつとめた声優の古谷徹さん(アムロ・レイ役)、池田秀一さん(シャア・アズナブル役)らによるモニュメントの除幕が行われ、集まった多くのお客さんが見守る中、白い機体のガンダムと赤いシャア専用ザクがその姿を現しました。

スペシャルトークセッション!「こだわったのは、女子高生の太もも」

除幕式の後は、大河原邦男さん、古谷徹さん、池田秀一さんによる記念トークセッションが開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このたび作られたガンダムとシャア専用ザクにおける大河原さんのこだわりは、「女子高生の太もも。それを再現してみました(笑)」だそう。長い年月の中で、ガンプラなどにおける両者のデザインがスリムに進化していったのを、「生まれた姿にしよう」と、アニメ第1作当時の足がどっしりとした姿で再現。「ガンプラじゃない魅力を感じていただけたらいいなと思っています」と語る大河原さんでした。

ガンダムとシャア専用ザク、それぞれのパイロットを演じた声優ニ人もモニュメントの完成に喜びの声を寄せ、古谷徹さんは、「アムロ、稲城行きまーす!」とおなじみのセリフを披露し、池田秀一さんは「シャアザクの大きいのを見るのは初めてなので、大変感激しています」とコメント。

アニメ放映時の思い出を聞かれたキャストの二人。古谷徹さんは、「ヒーローはロボットに乗って戦うのが定番なのでうれしかったけれど、『ガンダム』のアムロの場合は、本当はモビルスーツに乗って最前線に行って戦いたくはない、戦いが苦手で嫌いな主人公。そこが魅力ではあったけれど」とアムロ役を振り返りつつ、「モビルスーツは男の子として見てかっこいい。当時は、どちらかというとゲルググが好きだったんです」というまさかの告白。

一方の池田秀一さんは、やはり、赤いシャアザクに思い入れがあったようで、「シャアはいろいろなモビルスーツに乗せていただいているんですが、やっぱりザクが印象的ですね。あの形だからこそ、シャアの『見せてもらおうか』というセリフに何の抵抗もなくすっと入れました」とアフレコ当時を振り返りました

新たなるクール・ジャパンのスポットが誕生

『機動戦士ガンダム』『装甲騎兵ボトムズ』『ヤッターマン』『ガッチャマン』などの人気アニメのメカデザインを多数手がけた大河原邦男さん。その秀逸なメカニックデザインは、多くのファンに愛され続けており、また、『ガンダム』は、昨年の東京国際映画祭で特集が組まれるなど、今や日本を代表するカルチャーの一つになりつつあります。

この日、大河原邦男さん在住の街、“メカニカル・シティ”こと東京都稲城市に新たなクール・ジャパン・スポットが誕生しました!

がっしりとした足にこだわったというガンダムとシャア専用ザクのモニュメントは、夜にはライトアップされるのだそうです。また、「いなぎ発信基地ペアテラス」では、『ガンダム』に登場する小型ロボット・ハロと大河原さんデザインの稲城市の公式イメージキャラクター・稲城なしのすけも1/1サイズの姿で待っています。ペアテラスを訪れた際は、ぜひこちらのかわいいペアも見届けたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、『ガンダム』といえば、5月に新作が登場。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』が2016年5月21日より全国15館にて2週間のイベント上映予定です。若き日のシャア・アズナブルを演じた池田秀一さんは、この日のイベントでも「今までのガンダムにひけをとらない、いい作品」と太鼓判を押していました。こちらも楽しみです!

関連記事

出会い、そして別れ―『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』名言3選

池田秀一は田中真弓だった?『ガンダムとその世界』トークショーレポート

『ガンダム』オールナイト実施!ブクロをアニメで埋め尽くせ“池袋シネマチ祭2015”

(取材/文:田下愛

(c)創通・サンライズ

    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 茅ヶ崎の竜さん
    • アスカ
    • 夏目幸明
    • 宮本和彦
    • apopo

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo