35歳独身彼女なし(あれ?逃げ恥っぽい)、星野源主演映画『箱入り息子の恋』

星野源といえば、今主演のTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でさらに人気急上昇中ですよね。私もファンのひとりです。星野源が脳内から離れない日々を送っているため、今回久しぶりとなる「今日も映画日和ういログ」では、2013年に公開された星野源の初主演映画『箱入り息子の恋』をご紹介します!
箱入り息子の恋

35歳独身、彼女いない歴35年(あれ、逃げ恥っぽい)

酒もタバコもしない、指の爪先まで丁寧に洗うほど几帳面で市役所勤めの主人公、天雫健太郎(星野源)。そんな息子を見た父は「あいつは結婚できるのか?」と常に心配し、それに対し母親は息子をかばう返事。そんなある日、両親は息子健太郎のために、親御のみが顔合わせをする結婚相談会へ。

「貯金が趣味=計画的、35歳にして実家暮らし=家族思い、彼女なし歴35年=仕事熱心」を合言葉に挑むのですが他と比べても、プロフィールが悪いのか全く声をかけられない。今日はダメかなと思えた瞬間、とある1組の親御さんが声をかけてくれます。プロフィールを見た相手の父親がもう1枚写真を見たいと言い、喜んで写真を見せると「どうもありがとうございました」と言って立ち去ってしまい、その日は失敗。

その頃、健太郎は、仕事を真面目にこなし、帰宅時間になると鉛筆の長さを整えたり、文房具の位置や向きをすべて整えた後、家路につくのでした。部屋に入ると、ペットのカエルがお出迎え。その後はもっぱら、格闘ゲーム三昧……。

10歳年下の美少女がずぶ濡れで現れる…けど

ある日、健太郎が仕事を終えた頃、夕立が降り、持ち歩いていた1本の折り畳み傘を広げて、家の帰り道を歩いていると、ずぶ濡れになっている美少女が立っていました。なんだか見つめられている気がした健太郎、見て見ぬふりはできず勇気を出して自ら声をかけ、その傘を差し出して立ち去ります。

健太郎が傘を差し出したその彼女こそが、婚活パーティーで顔写真を見て立ち去っていった親御さんの娘、今井菜穂子(夏帆)。運命的な出会いをしたふたりでしたが、健太郎は両親が婚活に行っていたことを知らず、まさかその娘さんへ傘を渡したなんて予想することさえもなく。そして実は、彼女は8歳の頃から目の病気を発症し、目が見えないという障害を持っていたのです。

その後、車で娘を迎えにきた母親は、持っていなかったはずの傘をさしている娘を見て、びっくり。帰宅後、その傘を見ると「天雫健太郎」と書かれた名前シールが。珍しい苗字に、婚活パーティーで知り合ったご家族の息子さんだとすぐに気づき、父親には内緒で連絡をすることに。

箱入り息子の恋

(C)2013「箱入り息子の恋」製作委員会

傘を渡した美少女とまた再会するのか

父から健太郎へ、傘を渡した相手が婚活パーティーで出会ったご両親の娘さんだったこと、そして会食に誘われていることを伝えるのですが、断固拒否。そのあとすぐ部屋に戻り、いつもの格闘ゲームを開始。「結婚できるのか」と常に心配している父親は健太郎からコントローラーを奪い、「こいつを倒してやる、そしたら見合いをしてみろ」と交渉。奪い取って数秒で負けている超初心者な父親を見て、きっと無理だろうと予感したのか、健太郎はその交渉に乗ることに。翌日、健太郎が帰宅し部屋に入ると、ゲーム画面には「YOU WIN」の文字が。このときまだ健太郎は彼女は目が見えないことには気づいていません。彼女なし歴35年の健太郎、さあどうなるのか。

まとめ

最後のシーン、どう捉えるかぜひ教えていただきたいです。とにかく星野源が、本当不器用すぎて(いい意味で)。また違った不器用な星野源が堪能できますよ。ロミオとジュリエットを見ているかのようでした。

気になった方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

(文:木村うい)

関連記事

「全く知らない世代にも知ってほしい」機動警察パトレイバーREBOOT上映記念トークイベント
ガッキー!堀北!吉高!榮倉!88年生まれの俳優たち!
魔女宅・ラピュタ・カリオストロ!「映画の食事会」レポート!実は美味しいニシンのパイ!?
「今日は奇跡の日!そして最後の奇跡は…」、『嫌な女』完成披露舞台挨拶レポート
世界初の『ハリー・ポッター』オリジナルグッズをいち早くご紹介!【2016年最新情報】

    ライタープロフィール

    木村うい

    木村うい

    木村うい 東京下町育ちの'88年うまれ/都内で出版社の広告企画やライティング、モデルの仕事をしています。休日は夫と映画やアニメを見たり、ゲームしたり食べ歩いたり。のんびりふたり暮らし。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • しましま
    • 田下愛
    • 夏目幸明
    • 宮本和彦
    • kamito努
    • はな

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo