中山優馬「俺の中のさかなクン」でギョギョ!『ホーンテッド・キャンパス』初日舞台挨拶

1

2016年7月2日、公開初日を迎えた『ホーンテッド・キャンパス』の舞台挨拶が丸の内ピカデリーで開催され、出演者の中山優馬、島崎遥香(AKB48)、大野拓朗、高橋メアリージュン、安井謙太郎(ジャニーズJr.)に加え、竹本聡志監督が登壇。朝早くから集まったファンに向けて楽しいトークを繰り広げました。

本作の撮影中に出演者のみなさんや監督はどのように過ごしたのでしょうか。ひとりひとりの挨拶の後、話は今だからこそ言える一番のムードメーカーは誰でしたか?という質問へ。

2

そこで黒沼泉水を演じた大野拓朗はヒロインの灘こよみを演じた島崎遥香(ぱるる)を指差し、
「影のムードメーカーだと思うんですよ、ぱるは。『ぱる、砂糖だね!』って。いや、塩とかって言われてるじゃないですか。そのなかですごく楽しそうにしてくれるね、だから嬉しいねって。それで僕らとかスタッフの息も上がってると思うんで」と言うと、

島崎遥香は「ん〜・・・」と、わかるようなわからないような発言に当の本人はパッとしない様子(笑)

3

ここで大野拓朗は挽回しようと、「ぱるるの好きなタイプ知ってる?180センチ以上。スポーツ観戦あまりしない人。あとね、昨日ジャスミンティー飲んだ!」と発言。

4

実はジャスミンティーを飲む人が好きなぱるる。先日の大学生限定スペシャルトークイベントでも言っていましたね!

「(ジャスミンティーを)飲んでる人を見ると、ワ~ってなる」と島崎遥香が認めると、大野拓朗は「昨日、2杯飲んだ!2杯!」とものすごい勢いでアピール。ただ、当然このアピールは不発に終わり、会場は笑いに包まれました!

主人公の八神森司役を演じたのは主演の中山優馬。そんな中山の意外な一面があったら教えて下さいという質問が投げられると、中山は「ありますよね?僕なんて意外性の塊ですから。ね?」と他の出演者へアピール。

これについては島崎遥香がマイクを持ち、「食がほそい!」と言うと、中山優馬は「意外ですか?もっと食うと思ってたん?」と、なんだか腑に落ちない様子。

5
「私より食べなさそうな・・・。食べてるイメージがない」と、島崎遥香が返答。確かに中山優馬はスラっとした中山の体型で、食が細い印象がありますね。

意外な一面を暴露してもらうはずなのに、ぱるるの発言内容の方が意外だったことに中山優馬は困惑していました(笑)

すると中山優馬は「(会場の空気が)こんな感じになるんやね。食べるときは食べるよ(笑)」と、ファンのみんなに向かって男らしさをアピールしていましたよ!

6

続けて、姉御肌な役の三田村藍を演じ、出演者のなかでムードメーカー的な存在だと言われた高橋メアリージュンは中山優馬について、「すごい完璧じゃないですか。お顔もカッコいいし。でも、すごくユーモアがある!」というと、中山優馬は「ユーモアあります?わろうてるの一人やけど!」と、にやけている高橋メアリージュンにツッコミ。

7

すると、高橋メアリージュンは「あの、さかなクン。。。」と言いかけたところで中山優馬は「顔をカッコいいって言っておいて、ユーモアも顔やん!」と、中山は自分の顔がさかなクンと例えられたことに再び激しい返し。

高橋メアリージュンは「酔っ払ってるシーンにも出てたと思うんですけど、ああいうユーモアのあるお芝居がすごく好きでした」とフォローするも、「やっぱり、わろうてるの一人だけですけど!でも、監督にも、本番、よーい、カット、NG!はい、さかなクンの顔になってる!と言われましたね」と、最後には中山優馬も折れた様子。

8
追い打ちをかけるように竹本聡志監督が「心残りがひとつあって、(エンド)ロール入る前のラストカットあるじゃないですか。思い出してほしいんですけど、最後あのとき(中山の)顔が若干さかなクンの顔になってる!」と言うと、中山優馬は「そんな、日によって俺変わるの!?俺の中のさかなクン出てくるのか」と、もうどうにでもなれといった態度に会場も大爆笑。

安井謙太郎は「(映画を)もう1回確認してもらいましょ」と言うと、MCが「確認してギョとしてもらいましょう」とナイスなコメント。「うまいこと言わんでええで!」と中山優馬がMCに突っ込むと、客席からは拍手が沸き起こりました!

9
こうして出演陣の仲の良さが十分すぎるほど伝わる楽しい舞台挨拶はあっという間にお時間に。『ホーンテッド・キャンパス』は櫛木理宇の小説が原作で、オカルト研究会に所属するう草食男子大学生の主人公・八神森司がミステリー事件の解決と灘こよみとの恋の行方を描いた青春ミステリー作品となっています。ぜひ劇場でご覧下さいね!

(c)2016「ホーンテッド・キャンパス」製作委員会

(取材・文:アスカ

    ライタープロフィール

    アスカ

    アスカ

    アクション映画をおかずにご飯が食べられるほど映画が好物で、過去の作品では『逃亡者』や『フェイス/オフ』が好き。念願だった映画館のある街に住み始めてからは、観たい作品は奥さんを放ってでも観に行っている。2011年には某配給会社のPR大使を務めたことも。ブログ「め〜んずスタジオ」で趣味の情報を発信しながらのんびり生活中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 内田俊太郎
    • じぇみじぇみ子
    • タクスズキ
    • 川口裕樹
    • kaiya
    • カツセマサヒコ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo