股間の食い込み200%アップ!実はサム・ライミ版「クモ男2」な「変態仮面」続編!

90年代初頭、週間少年ジャンプに連載された大人気ギャグ漫画「究極!!変態仮面」を、2013年に映画化し大ヒットを記録した「HK変態仮面」。

本作「HK 変態仮面・アブノーマル・クライシス」は、その待望の続編だ!前作をはるかに越えるスケールの本作だが、実は主人公のビジュアルやタイトルから受ける印象とは、真逆の正統派スーパーヒーロー映画となっている。

HK2_poster
(C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

結論から言おう、これこそ自信をもってオススメできる、日本が世界に誇る「スーパーヒーロー映画」の傑作だ!

ストーリー

ある日突然、世界中から女性のパンティが突如として消えるという怪事件が発生!愛する彼女を失い、同時に自身の変身アイテムであるパンティまでもが消えようとしている中、主人公・狂介の前に史上最強の敵が現れる!果たして狂介は変態仮面に変身できるのか?そして、世界を守る事が出来るのだろうか?

主要キャストが奇跡の続投!自身のキャリアをこの役に賭けた男、鈴木亮平!

前作で驚異の肉体改造を遂げた鈴木亮平が、この続編でもまさかの続投!

前作公開時から、某「クモ男映画」並みに「三部作構想」を明言していた彼だけに、朝ドラでの大ブレイク後にも関わらず、再びこの役を演じるという、その役者魂にまずは拍手を送りたい!

前作「変態仮面」の撮影時には、撮影開始に合わせて完璧に肉体を作り上げたものの、なんと撮影開始が半年延期になるというトラブルが発生!それにもめげることなく、また一から肉体改造をやり直すという、体調管理の徹底振りだったそうだ。その役作りに対する真摯な姿勢こそが、「変態仮面」に対する高い評価となって、鈴木亮平が後に大ブレイクする布石となったことは間違いない。

更には、同じく朝ドラでブレイクした清水冨美加も再びヒロインとして参加するなど、前作公開後に大ブレイクした主要キャストたちが、奇跡の再集結を実現させた本作!
これこそ、前作「変態仮面」がスタッフ・キャストにどれだけ愛され、大事に思われているかの証明と言えるだろう。実際、本作を観た人たちのレビューも、非常に高評価のものが多い。

中でも今回素晴らしかったのが、前作「変態仮面」で悪役の「ニセ変態仮面」を演じた安田顕の存在だ!前作における、独自の変態哲学の熱弁シーンも最高だったが、今回も最終決戦に向かう主人公に修行を授ける謎の変態仙人役で出演。まさにベスト・キッドにおけるミヤギ老人的役割りを、完全に演じきっているので要チェックだ。

本作のように、全編に散りばめられた下ネタと、強烈なビジュアルの主人公の場合、演じる側が照れたり、ふざけて演じてしまうと、観客側も演者以上に恥ずかしくなってしまう。
しかし「変態仮面」では、演技力のある役者が大真面目に真剣にくだらないことをやりきるという、芸術表現としてもかなりハードルの高い領域に挑戦しており、その姿勢は時に観る者の感動を呼ぶほどだ。

とにかく、そのビジュアルですでに笑いの対象としかならない存在に、どうやってヒーローとしての威厳、そして悲しみを表現するのか?実はその部分にこそ、俳優鈴木亮平の抜群の演技力と肉体の存在価値がある。弛んだり中途半端な肉体は、単なる笑いの対象にしかならないが、原作漫画を完璧に再現するかのような彼の肉体は、観る人の感動を呼ぶからだ。そう、鈴木亮平自身の言葉で言うなら、「本気は伝わる」ということになるだろうか。

メイン
(C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

実は、正統派のスーパーヒーロー映画だった!

前作「変態仮面」では、まだ製作側も内容的にどこまで吹っ切って良いか、観客との間合いを計っていたように感じられた。しかし、本作ではそんな迷いは全く無く、ついに「年齢制限」をも撤廃!前作の大ヒットを受けて、自信に満ちて製作された本作が試みたのは、実はギャグ要素の拡大ではなく、意外にも正統派「スーパーヒーロー映画」の王道路線の実現だった。

原作マンガにおいても、下ネタはあくまでもギャグ要素として使用されていたのだが、本作での下ネタ要素は前作に比べて、極めて押さえられている。前作の「変態仮面」のように、年齢制限を避けるためだとも考えられるが、マンガの世界観に近く、ギャグ重点で作られた前作に対し、本作が目指したのは、なんと意外にも本家のアメコミ映画版でも成功するのが困難な、ヒーローがヒーローとして戦い、存在し続ける上での葛藤を描くことだったとは!

主人公の特異なビジュアルや下ネタなど、どうしても外側の包装に惑わされてしまいがちなので、ここはぜひ注意が必要なところだろう。

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 柳下修平
    • アスカ
    • なぎさ
    • 東京散歩ぽ
    • 久保田和馬
    • 宮本和彦

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo