椎名桔平がトークの勢いでしゃべっちゃった“主観カメラ”とは?『秘密 THE TOP SECRET』舞台挨拶レポ

秘密 完成披露1

2016年6月22日、『秘密 THE TOP SECRET』(8月6日公開)の完成披露試写会には出演者の生田斗真、岡田将生、松坂桃李、栗山千明、織田梨沙、椎名桔平、大森南朋、大倉孝二、木南晴夏、平山祐介、そして大友啓史監督の11人が登壇し、最初から最後まで笑いに包まれ、大いに盛り上がりました!

脳科学者の露口浩一を演じた椎名桔平は大友啓史監督と初めてお仕事をしたことについて感想を聞かれると、「どういう撮影の仕方をされるのかなと思って、楽しみでした。他の組にはない大胆さと繊細さが同居しているような、大友さんならではの撮影現場だったなと思いましたね」と、大友組に初参加して感じた現場の様子を振り返っていました。

秘密 完成披露2

椎名桔平のトークがハンパない!

何といっても、この完成披露試写会の舞台挨拶を取材していたライターやカメラマンが揃って笑ってしまったのが原作にはないやさぐれ刑事・眞鍋駿介を演じた大森南朋と椎名桔平のやり取り。

それは、撮影中に新しい試みとしてキャストが“主観カメラ”というヘルメット型のカメラを着けて撮影したという点について質問が及んだときでした。

秘密 完成披露3

椎名は「それ言わなきゃ!僕が言っていいの?何人かいたね、主観カメラ着けた人〜」と、ステージ上の出演陣に挙手を求め、いざ主観カメラについて解説をしようとすると・・・。

大森
「それ、僕が話すやつだったんじゃないんですかね?」

椎名
「いや、僕でしょ〜。流れで流れで!」

大森
「先輩で大丈夫です!」

大森南朋が話したい様子でしたが、ここはトークの勢いが止まらない椎名桔平のターンでしたね。もはや椎名の独壇場となった会場は大爆笑に包まれました。

秘密 完成披露4

俳優の感情を俳優の視点で撮る主観カメラ

『秘密 THE TOP SECRET』で撮影に使われた主観カメラがどんなものなのか、観客に向けて解説を始めた椎名は
「新しい撮影の仕方というか、脳内映像を見せるわけですね。俳優がやった方が感情が入りやすいって言って、プロのカメラマンさんがいるんだけど、ここ(頭)に小さいカメラを着けて撮影するわけですよ。で、僕なんかはね言っちゃうと出番が少ないので、すぐ、あぁ〜、でも秘密だからな〜。あまり言えないけど、ほとんど、自分のやってる芝居よりも映してる時間の方が長くて、映画にはなってますよ。監督も芝居はあまり褒めてもらった記憶はないんだけど、カメラ上手いねみたいな。そっちの方で今回参加した気になってますけどね。大森さん、どうですか?」と、急に大森南朋に話を振ると、

大森
「まさしくその通りですね。僕、けっこう桔平さん映しましたよね。僕がカメラ着けて」

椎名
「あぁ、そうですね。ありがとうございます」

大森
「お世話になっております(笑)」

秘密 完成披露5

と、息がピッタリなお二人でした!録音しておいたボイスレコーダーには周りのカメラマン、記者の笑い声がバッチリ入っておりましたよ!

主観カメラを使っての撮影はまさに俳優自身がカメラマン。目を向けた先や動揺している様子、怒りなどの感情で生じるわずかな揺れもが主観的な視点で撮影され、芝居をしている俳優が見ているものがそのまま脳内映像として本作では登場します。実に10人ものキャストが主観カメラを装着してお芝居をしたとのことなので、さまざまなシーンで登場する主観カメラの映像は本作での大きな見どころと言えるでしょう!

椎名「内容は秘密にしておいて」

舞台挨拶の際、椎名桔平は本作について、
「この映画、秘密なんだけど、秘密がほんと多すぎて、どこもかしこも秘密なんですね。だからみなさんも見終わったあと、絶対に内容は秘密にして、誰にもこの映画のことは言わないでください(笑)いや、それは困る!困りますから、すごい楽しい映画だったってことだけはお伝えして、内容は秘密にしておいてください。よろしくお願いします!」と、ネタバレしないように念を押していましたよ。

秘密 完成披露6

最後に、主演の生田斗真は「皆さんが最初のお客様です。観た後に、いろいろな人と語りあって楽しんでください!」と、本作への自信を伺える力強いコメントで舞台挨拶は幕を閉じました。観た方はネタバレしないように、そして、映画の良さをどんどん伝えていってほしいと思います。映画『秘密 THE TOP SECRET』は8月6日公開です!

(取材・文:アスカ

    ライタープロフィール

    アスカ

    アスカ

    アクション映画をおかずにご飯が食べられるほど映画が好物で、過去の作品では『逃亡者』や『フェイス/オフ』が好き。念願だった映画館のある街に住み始めてからは、観たい作品は奥さんを放ってでも観に行っている。2011年には某配給会社のPR大使を務めたことも。ブログ「め〜んずスタジオ」で趣味の情報を発信しながらのんびり生活中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 片平圭亮
    • 奥浜レイラ
    • タクスズキ
    • hosohana
    • 斉藤守彦
    • ゆうせい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo