猛暑も忘れる!背筋が凍る!パニックホラー映画3選[生き物・自然編]

夏まっさかり、心霊スポットに行って肝試しがしたい人や、こわ〜い怪談噺や不思議な体験談を聞いてエアコンとは違う寒さを感じたい人も絶対にいるはず!
そんなこわ〜い話に興味のある人にぜひ観てもらいたい映画を3つご紹介します。今回は[生き物・自然編]です。

せっかくの水着が台無し!獰猛な巨大ピラニアが襲い掛かる『ピラニア』

ピラニア DVD

夏はひと夏の恋や気になる人にアタックできる絶好のタイミング。ホットな気温がそのまま気分を盛り上げてくれますね。

『ピラニア』の舞台は、海ではなく大きな湖が広がるとある観光地。水着ガールがわんさか登場し、男性にとって非常に嬉しい映画。様々なタイプの水着美女で目の保養もできちゃう優れもの。「濡れTシャツコンテスト」は見ものです。

非常に楽しげでかつバカっぽい雰囲気で映画はスタートしますが、その裏で、湖に変死体が見つかります。学者と共に調査を始めたみんなのヒーロー保安官が、変死体の仕業が太古の肉食魚だと知り、みんなに陸に上がるよう警告するのですが、若者たちは保安官の警告を無視。

その結果、楽しかったバカンスが一転。阿鼻叫喚の地獄絵図へと変貌します。
「なんという顎の力だ!」とピラニアの食いっぷりに驚愕したのは言うまでもありません。

『ピラニア』では自然災害と人災が入れ混じっています。
もし海やプールで注意喚起がなされたら、自分や周りの命が危ぶまれるかもしれないので、警告に素直に従いましょう。パニックに陥ると、隣の人を傷つけてしまうかも。

人狼伝説に現代風に迫る!『ウェア −破滅−』

ウェア/破滅(字幕版)
フランスへ家族で旅行に来ていたアメリカ人が、キャンプ中に何者かに襲われ妻がただひとり生き残ります。捜査を進め、ひとりの男性が容疑者として逮捕されますが、逮捕は人権侵害ではないかと容疑者を擁護する声もちらほら。そんな中、フランス人とアメリカ人の親を持つ弁護士が彼の弁護を名乗り出ます。

容疑者の男性は大柄で、不治の病にかかっていました。事件の夜は寝込んでいたと証言しており、彼の病気を明らかにすれば有利になると踏んだ弁護士ですが、その決断がとんでもなくヤバイ結果に。

日本にも、深い森には古い伝承が数多く残っています。心霊スポットやパワースポットの由来となる場所もあるでしょう。
天狗や狐に関する伝承の多い地域でハイキングやキャンプをすると、この映画のように魔物や妖怪と鉢合わせ……となるかもしれません。

寒い冬に芯まで凍る体験を!『スピーシーズXX 寄生獣の誘惑』

スピーシーズXx 寄生獣の誘惑 (字幕版)
『スピーシーズXX 寄生獣の誘惑』はSF系映画で、美女の姿に変身しているエイリアンが子孫繁栄のため人間のオスを襲うという、男性からしたらちょっぴり嬉しいお話。

どの女子を口説くとか、何人と寝たなど、男子大学生の頭の中はエッチなことでいっぱい。ある日、大学中の女子をリストアップし、誰が一番女子を落とせるかコンテストを行なうことに。

主人公のサムは純粋な心の持ち主。こんなことしてはいけないと心の隅で思いながらも、友人のアーノルドからナンパ成功の動画を確認します。

映画の季節は真冬。アーノルドはなんと外で金髪美女とイチャついています。すると、動画の中のアーノルドに異変が。金髪美女から伸びてる触手で襲われているではありませんか。サムは大慌てでアーノルドを救出に向かいます。

アーノルドの携帯が落ちていた場所にアーノルドの姿は無く、寒さからか凍ってしまっている携帯のみが残っていました。

生物学の補佐をしている研究者の卵のルークは、金髪美女のエイリアンに襲われた経験がありました。しかしそのような話を誰も信じることはなく、精神安定剤を処方される始末。

サムは幼馴染からルークの過去の話を聞き、共に大学に救うエイリアンの退治に乗り出します。

映画の美しい雪とエイリアンの美貌が魅力の『スピーシーズXX 寄生獣の誘惑』。
その寒さが欲しい長い熱帯夜にぜひ観ていただきたい一作。男性は、魅惑的な女性からの誘惑に要注意です。

まとめ

夏のバカンスはハメを外しがちですが、実は危険もいっぱい。
心ときめく出会いや雄大な大自然の中に、ひょっとしたら今までの観念を大きく変えてしまう何かが潜んでいるかもしれません。

海や川での海難事故、山などのハイキングやキャンプをする際は、天候や立ち入り禁止区域などの危険ポイントのチェックなど怠らずに!

(文:Yamazaki

    ライタープロフィール

    Yamazaki

    Yamazaki

    Yamazaki 映画の楽しさ、楽しみ方は無限だと思う、映画鑑賞を心の糧にしている映画ライター。好きな映画ジャンルはSF、サスペンス、サイコスリラー、ファンタジーなど。 映画館で鑑賞するのも好きですが、インドアでのんびりと映画を楽しむのも好き。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • あかめ
    • なぎさ
    • 東京散歩ぽ
    • 黒宮丈治
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • よしかわあやの

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo