品川に復活するIMAXシアターは、全国の大画面マニアたちの聖地となるだろう。


横浜ブルク13は、最大スクリーンをIMAXシアターに

7月1日に横浜、品川に2つのIMAXシアターがオープンする。
まず横浜は、桜木町駅から徒歩1分のシネコン・横浜ブルク13のスクリーン7をIMAXデジタルシアターとしてリニューアルした。

IMAXデジタルシアターは、大画面・立体音響が最大の売りだが、単に画面が大きいだけでなく、独自のデジタルテクノロジーで彩度、コントラスト、明るさを徹底的に追求し、従来の上映システムに比べて遥かに明るくシャープな映像を実現している。また音響においても、緻密に計算されたサウンドをバランス良く配置し、爆発音から囁きまで、あらゆる音をリアルに再現しているのが特徴だ。

横浜ブルク13 IMAXデジタルシアターの座席数は、330席+プレミアムシート26席+車椅子4席の、計360席。

6月29日に行われたオープニングスクリーニングでは、デモンストレーションとしてIMAX「シン・ゴジラ」「ゴーストバスターズ」、IMAX 3D「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」「ジャングル・ブック」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」などのトレーラーを上映した。

横浜②

都内最大級の巨大スクリーン。IMAXが品川に帰ってきた!!

一方品川は、T・ジョイPRINCE品川の11スクリーン目というポジショニングで、品川プリンスホテル・アネックスタワー6階にIMAXデジタルシアターとしてオープンするが、この場所にはかつてIMAXの専門館が存在した。数々の紀行映像と共に「マトリックス・レボリューションズ」「イノセンス」「ポーラー・エクスプレス」「美女と野獣」「ライオン・キング」などのラージ・フォーマット・バージョンをIMAX上映した「メルシャン品川IMAXシアター」2002年から2007年までの5年間で幕を閉じたものの、今回IMAXデジタルシアターとして復活するとのニュースに、快哉を叫んだ大画面マニアも多いのではないだろうか。

さてその「T・ジョイPRINCE品川 IMAXデジタルシアター」だが、スクリーンと呼ぶよりも、もはや壁と呼びたくなる、あの巨大画面は健在。IMAXはスクリーン・サイズを公表していないが、東京都内最大サイズのスクリーンであることは確実だろう。客席も傾斜が急なスタジアム形式で、座席数は280席+プレミアムシート20席+車椅子2席の、計302席。

品川②

品川③

なお両シアターの上映番組は、7/1より「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」IMAX 3D、7/9より「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」IMAX 3D、7/29より「シン・ゴジラ」IMAX版、8/11より「ジャングル・ブック」IMAX 3D。

またオープンを記念して、年鑑無料パス、IMAX 3Dメガネゲースなどのプレゼントもあり。下記のURLを参照のこと。
 http://kinezo.jp/imax/


(取材・文:斉藤守彦

    ライタープロフィール

    斉藤守彦

    斉藤守彦

    斉藤守彦(さいとうもりひこ) Morihiko Saitoh 静岡県浜松市出身。映画館、ビデオ会社でのアルバイトを経て、映画業界紙「東京通信」記者 (後に編集長)に。1996年からフリーの映画ジャーナリスト/アナリストとなり、以後多数の劇場用パンフレット、「キネマ旬報」「HiVi」「ザテレビジョン」「日経エンタテインメント!」「宇宙船」「スターログ日本版」「INVITATION」「東京カレンダー」「アニメ!アニメ!」「フィナンシャル・ジャパン」「Pen」などの雑誌・ウェブメディアに寄稿。2007年秋に「日本映画、崩壊 -邦画バブルはこうして終わる-」を、08 年「宮崎アニメは、なぜ当たる -スピルバーグを超えた理由-」、09 年「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」、 10 年に「『踊る大捜査線』は日本映画の何を変えたのか」(共著) を上梓。 他の著書に「図解でわかるコンテンツ・ビジネス」1〜4(共著)、「ソノラマ MOOK/ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(構成・執筆) 、電子書籍「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」等があり、ここ数年は「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」と、独自の視点による書籍を執筆。2016年3月には新作「映画を知るための教科書 1912−1979」が世に出る。現在、水道橋博士編集長のメールマガジン「メルマ旬報」で「2016年映画館物語」を連載中。また「BOOKSTAND映画部!」で、「映画を待つ間に読んだ、映画の本」と「映画惹句は、言葉のサラダ」の2つの連載を行っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 川口裕樹
    • 内田俊太郎
    • 葦見川和哉
    • 片平圭亮
    • 柳下修平

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo