思いがけない感動!『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』の魅力

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(字幕版)

「ザ・ビーチ・ボーイズ」といえば「Surfing U.S.A.」を思い出す人もいらっしゃるでしょう。夏の海やサーフィンなど、1960年代のアメリカの楽しい雰囲気を思い描いたたくさんのヒット曲が世界中でザ・ビーチ・ボーイズのイメージを作ったのです。しかし、実はバンドのリーダーで多くの曲を書いたブライアン・ウィルソンが非常に暗い過去を背負っています。

それを描いた映画が『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』。ザ・ビーチ・ボーイズの新たな側面に出逢いながら音楽と愛の物語を楽しめる作品です。

音楽と愛の誕生を語る映画

自分の才能に対する期待に応える辛さ、暴力的な父との葛藤、愛する人から救われてもらえない孤独感など、『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』は1960年代と1980年代におけるウィルソンの人生を平行で描きながら、彼の情緒不安定との戦いの果てに見つかった希望を語ります。

1960年代に夏とサーフィンを中心とする大ヒット曲のおかげでザ・ビーチ・ボーイズは世界中人気のバンドとなりました。

しかし、人気の頂点に達して情緒不安定の症状を表しはじめたブライアン・ウィルソンは、ツアーに参加しなくなり新しいアルバムの曲作りに専念することを決心。

ビートルズに人気を奪われる恐怖に囚われながら新たな音を求めていたウィルソンが、優れたミュージシャンたちと協力しながら『ペット・サウンズ – Pet Sounds』を作りました。だが、後に「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベスト・アルバム500」に入るほど傑作アルバムとして認められた『Pet Sounds』が、当時は斬新すぎてレコード会社にもファンにも受け入れられませんでした。バンドのメンバーのプレッシャーや父との関係の悪化を耐えなくなったウィルソンは、心が折れてしまい薬物に逃避。

これだけ絶望的な物語に希望をもたらすのは、20年後のメリンダとの出会いです。二人の関係はウィルソンの生活を管理する精神科医ユージンに妨げられますが、メリンダの助けでウィルソンが再び立ち上がるようになり、アーティストとしても復活します。

ザ・ビーチ・ボーイズとのファンでなくても感動するはず!

60年代と80年代のウィルソンは二人一役で演じ分けられているおかがでこの人物の魅力がより一層観客に伝わるでしょう。60年代のウィルソンを演じるポール・ダノがゴッサム・インディペンデント映画賞(男優賞)を受賞しましたたが、過去に囚われながら新しい自分を手に入れようとする80年代のウィルソンを演じるジョン・キューザックのパーフォーマンスにも圧倒されます。

ここまで読むと「ザ・ビーチ・ボーイズのファンではないとこの映画を楽しめないのではないか?」と思うかもしれません。しかし、それは大間違いです!実は筆者もザ・ビーチ・ボーイズをほとんど知らずにたまたまこの映画を見たのですが、思いの外感動しました。人の孤独を受け入れる力が描かれているこそが『ラブ&マーシー』の見所なのではないかと思います。

作家トルーマン・カポーティの有名な言葉があります。

「神があなたに才能を与えるとき、彼はまた鞭をもあなたに与えるのだ。そしてその鞭は自らの身体を厳しく打つためのものである」

『ラブ&マーシー』も同じように才能を持つことが一種の呪いだと考えさせ、才能にまつわる期待の重さや孤独は誰とも分かち合えないという事実を語ります。が同時に、その重さや孤独など、天才である上に抱えている暗闇を受け入れる人がきっとどこかにいるということも教えてくれます。

ザ・ビーチ・ボーイズのファン、あるいは音楽に詳しい人ならきっとより深いレベルでこの映画で楽しめるに違いありません。

とりわけ『Pet Sounds』のレコーディングを描く場面に音楽専門家なら感激するでしょう。しかし、なんといっても『ラブ&マーシー』は、心に響く音楽を背景に人を助けるには愛(ラブ)と慈悲(マーシー)が必要であることを教えてくれる映画です。

よって、ザ・ビーチ・ボーイズをご存じの方も、そうでない方も、とにかく全ての方へ見て頂きたいのです。

(文:グアリーニ・ レティツィア)

関連記事

初めての人にとって衝撃的―『ラブ&マーシー』公開記念トークショー

    ライタープロフィール

    グアリーニ・ レティツィア

    グアリーニ・ レティツィア

    南イタリアのバジリカータ州出身。大学院で日本現代文学を研究しながらライターとして活躍しています。中学生の時から小説を読むことと映画(特にインディーズ・ムービー)を見ることが好きで、誰もがそうではないことを知った時のショックは一生忘れません。最近ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ダウントン・アビー』にはまっています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 夏目幸明
    • kaiya
    • 葦見川和哉
    • hosohana
    • 黒宮丈治

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo