実在事件がベースの映画オススメ3選と『日本で一番悪い奴ら』の魅力

日本で一番悪い奴ら(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

6月25日から公開中の映画『日本で一番悪い奴ら』。今作は「稲葉事件」と呼ばれる実際に起こった事件とその主犯として逮捕された警察官の手記『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』を原作に制作された作品です。

映画への期待を込めつつ原作を読んだ筆者が、今作の紹介と実在の事件を元に作られた映画を3つご紹介したいと思います。

「日本で一番悪い奴ら」とは誰なのか?

ネットの検索で「北海道警」と入れると、検索想定ワードに「不祥事」「裏金」「逮捕」など、物騒な言葉が並びます。
これは日本警察至上最大の不祥事と呼ばれる「稲葉事件」にまつわるキーワードです。

成績至上主義の北海道警では、拳銃や麻薬の摘発・逮捕などが点数制で計上され、競わされていたそうです。その中で成績をあげていたのが、柔道の腕を買われ刑事となり、先輩から刑事のイロハを叩き込まれた稲葉(今作では綾野剛演じる諸星)でした。

しかし、その裏にはヤクザやマフィアとつながりを持つS(スパイ)を使った犯罪ギリギリの捜査や銃の売買が行われており、上司もそのことを黙認という形で推奨していたため、過激な捜査はエスカレートしていきます。

その後、稲葉は逮捕され、手記という形で自身の犯罪行為と道警の裏金を告発します。

この事件はひとりの刑事の暴走ではなく、組織的に行われた犯罪だということ。それが映画化された今作の「悪い奴ら」というタイトルに反映されています。

日本で一番悪い奴ら(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

監督は映画『凶悪』の白石和彌

実在の事件とは思いたくないほど残虐な人間の姿を描いた映画『凶悪』を撮った、白石和彌監督が今作のメガホンを取っています。

思わず目をそらしてしまいたくなる描写で狂気を描いた白石監督。映画のイチ観客ながら、とても勇気のいることだったのではないかと思います。

そんな白石監督がまた実在の事件を撮るということで期待が高まるのですが、「東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama」の軽快な主題歌が印象的な予告映像や芸人・植野行雄が登場するということからも、前作とはまた色の違った作品に仕上がっていそうな予感です。

きっと、タブーとされるような内容をしっかりと描きながらも、映画というエンターテイメントに昇華して、ダークな雰囲気の映画が苦手という人でも観られる作風になっているのではないかと思います!

次のページでは実在事件を描いた映画のオススメ3選をお届けします!

    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 奥野 大児
    • つちや ゆみえ
    • 木村うい
    • 葦見川和哉
    • 染谷 昌利
    • 川口裕樹

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo