アメコミのこと何も知らないけどマーゴット・ロビーのお尻はもっと知りたい

スーサイド・スクワッド01

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

「スーサイド・スクワッド」のキレイなお姉さんがセクシーでキュートでたまらないと聞いて、ものすごく見たいんだけど、アメコミのこと全然知らなくても楽しめますか?

同じくアメコミが原作のアベンジャーズは、作品が多すぎて挫折したのですが大丈夫でしょうか?

そんな悩みをお持ちの方もおられると思います。いえ、むしろ私のことかもしれません。
正直なところ、アメコミに関しては全然詳しくありませんし、そもそも本作がアメコミ原作だということも後から知りました。

でも、まったく問題ありませんでした。

とにかくマーゴット・ロビーが本当に最高なので、そこだけ見ていれば大丈夫とも言えます。

アメコミ知らなくても他の作品を見てなくても大丈夫

あらすじを超簡単に言っておきますと、

“服役中の悪党たちに減刑をちらつかせ、死んでもおかしくない任務につかせる”

というもの。つまり、アメコミが原作であることは気にしなくても大丈夫です。

そもそも、邦画においてもマンガが原作の映画はたくさんありますよね。風の谷のナウシカだってそうですし、デスノートだって、るろうに剣心だってそうです。でも、原作をちゃんと読んでいなくても問題なく楽しめたはず。なぜなら楽しめるように作られているからです。

それにプラスして、今回はマーゴット・ロビーが最高なので心配する必要がないわけです。

スーサイド・スクワッド02

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

そんなマーゴット・ロビーは、「ジョーカー」という悪の中の悪で残酷な男に惚れちゃう「ハーレイ・クイン」を演じています。予告編などでは「悪カワ」ヒロインと書かれていますが、ぶっちゃけ「悪エロ」です。

ポロリこそありませんが、ホットパンツから見えるお尻がたまりません。実はもともと精神科医で、メガネ金髪美女だったわけですが、そっちはそっちで正統派のエロを感じます。

また、精神科医だった彼女がジョーカーに惚れてしまい、少しずつ狂っていく様子もたっぷりと描かれているので、なんかこのままハーレイ・クインだけ映してくれてたらそれでいいやって気持ちにすらなってきます。

男はクイン、だけど漢ならデッドショット

このままだとお尻の話をしているだけなので、別のキャラの話もしたいと思います。

ウィル・スミスが演じる、命中率100%の最強スナイパー「デッドショット」です。

スーサイド・スクワッド04

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

鑑賞前は、ウィル・スミスはどうして悪党役を引き受けたのだろうか…などと大変失礼なことを思っていたのですが、蓋を開けてみればウィル・スミスのための映画と言っても良いほどの活躍。

そんなデッドショットも所属することになる悪党部隊「スーサイド・スクワッド」には、軍の大佐がリーダーとして存在しています。

しかし、どう考えても悪党をまとめ上げるのには無理があります。たとえ軍人としてどれだけ優秀であったとしても、悪党、いや、狂った悪党どもがすんなり言うことを聞くわけがありません。

そこで、デッドショットの出番です。もちろん彼も悪党なのでいろいろ画策したり、内に秘める何かはあるのですが、目の前のことを解決しないと自分の身も危うくなるので、上手いことみんなをまとめるわけです。

また、他のキャラは特殊メイクがキツい中で、デッドショットはほぼ素顔。回想シーンも他のキャラと比べて明らかに扱いがいいのも、ウィル・スミスだからこそかもしれません。

その他のキャラも魅力的

たった2人しか紹介しませんでしたが、その他のキャラもかなり魅力的です。6313歳の美魔女や、炎を自在に操れるのに臆病者、さらに仮面の女サムライなどなど、キャラが立ちすぎてるメンバーばかりです。

スーサイド・スクワッド

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

きっとお気に入りのキャラが見つかると思いますよ。ちなみにハーレイ・クインは私が頂いておきますね。

『スーサイド・スクワッド』は9月10日(土)より全国ロードショー。

それではまた。
ご存じ、ゆうせいでした。

(文:ゆうせい)

関連記事

バットマンに投獄された悪党が主役『スーサイド・スクワッド』

    ライタープロフィール

    ゆうせい

    ゆうせい

    人生のいろはを映画から学ぶ男。悪に鉄槌を下す映画が大好物であり、胸がかきむしられる映画に影響を受けやすい。いつか映画館で前後左右の席も買って、映画に心から没入したいと思っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 久保田和馬
    • 桜井
    • 砂流恵介
    • 夏目幸明
    • ヒナタカ
    • 奥浜レイラ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo