「シン・ゴジラ」にハマった人必見!幻のゴジラ漫画「エネルギー大作戦」とは?

WEB用_シン・ゴジラ_サブ10(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

遂に、7月29日から全国公開が始まった、超話題作「シン・ゴジラ」! 敵の怪獣を安易に出現させることなく、完全に人間とゴジラ、いや日本国家とゴジラの戦いに焦点を絞り、宣伝ポスターにもある「ニッポン対ゴジラ」のコピー通り、日本という国の存亡を賭けた戦いを、圧倒的な迫力と説得力で描く姿勢に、今や観客は絶賛の拍手を送っています。

我々観客の興味、それは、果たして今回どうやってゴジラを「無力化」させ勝利するのか?

特に今回の「シン・ゴジラ」は、想像をはるかに超えた破壊力を備えたゴジラに対抗すべく、人間の頭脳と抜群のチームワーク、そして日本のお家芸である「工夫」を駆使して繰り広げられる、見事な作戦行動に燃えた!との声が多数上がっており、ハリウッド的な物量作戦とも全く違う、正に「日本でなければ作れないゴジラ映画」だと言えるでしょう。観客の熱狂と絶賛の声、そして興業的大ヒットも納得の内容だけに、まだご覧になっていない方も、ぜひご自分の眼でその迫力を体験して頂ければと思います。

ところで皆さんは、今を遡ること37年前、ある幻のゴジラ漫画が、ひっそりと雑誌「月刊少年マガジン」に掲載されていたことをご存知でしょうか?
そのタイトルは、「`79ゴジラ・エネルギー大作戦」!

諸般の事情により、未だに単行本にも未収録であるこの漫画。実は、ゴジラ映画が復活する1984年よりも、5年ほど前に書かれたものであり、内容的にも敵役の怪獣が登場せず、人類が知恵と作戦でゴジラにどう立ち向かうか?を見事に描いており、正に「シン・ゴジラ」の展開にも通じる内容となっています。

実際、今回「シン・ゴジラ」を劇場で鑑賞した後に、真っ先に思い出したのが、この「エネルギー大作戦」での対ゴジラ撃退作戦でした!

ちなみに、この作品が掲載されたのは、「月刊少年マガジン」1979年11月号。作者は、いしいしんいち先生で、実に50ページにわたる長編漫画となっています。しかし、掲載誌が月刊雑誌であること、未だに単行本に未収録であることなどから、現在では非常に入手困難となっており、高いクオリティを持ちながらも、残念ながら読むことが難しい状況となっています。「シン・ゴジラ」が公開される遥か以前に、こうして人類対ゴジラの頭脳戦を描いた作品が存在していたことに敬意を表して、今回は是非この漫画を取り上げたいと思います。

さあ、次のページでは、気になるその内容と、問題の対ゴジラ作戦の全容を、ご紹介していきます!

「シン・ゴジラ」の展開と似ているため、事実上の「ネタバレ」になりますので、鑑賞前の方は鑑賞後にお楽しみください。

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 茅ヶ崎の竜さん
    • なぎさ
    • 川口裕樹
    • カツセマサヒコ
    • 大谷和美

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo