『テラフォーマーズ/新たなる希望』、菅谷哲也インタビュー「僕が変形したい虫は…」

4月29日(金)公開の映画『テラフォーマーズ』の前日譚を描いたオリジナルドラマdTVオリジナル『テラフォーマーズ/新たなる希望』が映像配信サービスdTVで独占配信中です。

dTVオリジナル『テラフォーマーズ/新たなる希望』のキャストには、映画で主演を務める伊藤英明さん、武井咲さんらと合わせて、オリジナルキャストとして林遣都さん、菅谷哲也さん高岡早紀さんらが集結して映画や原作では描かれていないエピソード0を展開していきます。

シネマズでは今回菅谷哲也さんへインタビューを行い、演じられた小池という人物の根底の部分を中心に様々伺って参りました。

DSC00299
──映画のエピソード0ということですが、オファーを受けた時にどう思われましたか。

菅谷:凄い嬉しかったです。この壮大なスケール、ストーリーの中での大きな役どころだったので、自分に務まるかという不安も同時にありました。山口監督や監修の三池さん初め、他のキャストの名前を見ても素晴らしい方々が結集していたのでとにかく緊張しました。



──豪華キャストと表すに相応しい布陣ですもんね。

菅谷:そうなんです。そこに入っていけるのかなという不安がとにかくありました。



──『テラフォーマーズ』に関しては元からご存知でしたか。

菅谷:もちろんです。原作はお話頂くまでは読んではいなかったのですが知ってはいました。



──今回菅谷さんが演じられた小池の役柄について教えて下さい。

菅谷:乗組員たちそれぞれ色んな理由がありますが、小池は本当に純粋に火星が好きで、火星に行ってみたいという宇宙オタクです。時々純粋さ故に変なスイッチが入ってしまうくらい純粋な役柄です。



──前半は生真面目さを見せ、後半は凶暴さも見せる役柄ですね。監督からどのような指示がありましたか。

菅谷:火星へ行きたい、宇宙への強い思い、それらを強く見せるようにしようと山口監督と本読みの段階で話をしましたね。純粋さ故にそれが狂気に変わってくるのが見せれたら良いなと。



──演じられている中で、一貫した火星への思いを抱いていた感じですね。

菅谷:そうですね。ひたすら純粋に火星への強い思いを持つようにしていました。とにかく頭の中は火星のことだけ。過去ではなく未来の火星を見据える。常にそれを意識していましたね。それが素直にお芝居して画面に出れば良いなと思って演じました。
DSC00289
──伊藤英明さんとは撮影前や撮影中にお話されましたか。

菅谷:たまたま僕が現場で誕生日を迎えたので、伊藤さんに誕生日プレゼントを頂きました。頂いたプレゼントが「世界奇界遺産」の図鑑でして…どんな思いでくださったのかな…。(笑)



──奇形遺産ですか(笑)

菅谷:そうなんですよ(笑)世界遺産とは違う変わったもの、奇妙な作り物が載っているんです。それを頂いて奇妙な気持ちになりました(笑)

そういったエピソードで言うと、太田莉菜さんのビンタが思ってた以上に痛くてですね…。



──あのビンタ、当ててるんですね!

菅谷:当ててるんですよ。芝居してる時は小池の役のままでいれたんですが、カットかかった瞬間に菅谷に戻って痛がりました(笑)それを見て監督や林さんは笑ってました(笑)大田さんには「ごめんね。」と言われました(笑)

DSC00310

    ライタープロフィール

    柳下修平

    柳下修平

    シネマズby松竹編集長、1986年生まれ、今年で30歳。個人ブログ「Cinema A La Carte」も運営。映画イベント「映画の食事会」主催や幻冬舎「Ginger」及び「Spark Ginger」で映画コラム連載も。ブロガーメルマガEdge Rank執筆メンバー。映画以外ではカメラと旅行が趣味。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 小峰克彦
    • 川口裕樹
    • 井上大輔
    • 中村真実
    • しましま
    • 92aki

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo