トム・クルーズは「ジャック・リーチャー」で、マジに新機軸を打ち出そうとしているぞ。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK ティザー

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

すぐ来る。よく来る。トム・クルーズ。

先輩 トム・クルーズの新作「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」だけど、これは2013年2月に日本公開された「アウトロー」の続篇なんだね。

後輩 そうそう。もともと「アウトロー」の原題が「ジャック・リーチャー」なんですよね。

先輩 まあ今回はサブタイトルがいいけど、原題に戻したってことか。紛らわしいなあ。

後輩 でも凄いですよ、トム・クルーズ。「ミッション:インポッシブル」シリーズと、この「ジャック・リーチャー」シリーズの、2つのフランチャイズを持つわけですから。これは「ロッキー」と「ランボー」の両シリーズを持っていた80~90年代のシルベスター・スタローン以来ですよ。

先輩 しかもまた、この映画のキャンペーンで来日するんだろ?

後輩 ・・みたいですねえ。日本がそれほど好きなんでしょうか。もうカウントするのも面倒になるほど、頻繁に来ていますよね。

先輩 いやいや。ありがたいことだぞお。今や日本は中国マーケットに大きく水をあけられて、特に洋画のシェアはダウンするばかりだからな。そんな国に新作のたびに、トップ・スターが来て笑顔を振りまいてくれる。だから「また来たの?」とか「もうインタビューすることがないよ」とか、間違っても言ってはいけない!

「ミッション:インポッシブル」シリーズとの差別化。

後輩 で、今回の「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」ですが、内容的には前作を踏襲しているんですか?

先輩 前作の「アウトロー」は、「ミッション:インポッシブル」シリーズとの差別化を狙ったふしが、随所に見られたよね。トム扮する、もと陸軍指揮官のジャックは、携帯電話も持たない、武器を使わず素手で相手と対峙するという、アナログな無頼漢みたいな設定だった。これはデジタル機器を使ってスマートにミッションをこなす「ミッション:インポッシブル」シリーズのイーサン・ハントとは逆のキャラを狙ったようだけど、正直、効果を上げていたかは疑問だった(笑)。

後輩 イーサンにしろジャックにしろ、演じているのは天下の二枚目なわけですから、そりゃよほど器用に演じ分けないと難しいですよ。

先輩 今度の「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」が、前作よりもワイルドな面を強調しているのは、冒頭のシークエンスでも分かるよ。アメリカをさすらい、法も警察も信じないジャックの行動原理が、よく現れている。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 第1弾予告 ネタバレ

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

15歳の少女とジャックのやりとりから見えるもの。

後輩 で、今回はそのジャックの陸軍での後任だったスーザンが国家反逆罪で逮捕さけたことから、ジャックは彼女の無罪を立証するために軍に戻るわけですね。

先輩 そうそう。結局はもといた所に戻ってしまう。それでかつての同僚たちが次々に殺されていく事件に対峙せざるを得なくなるんだけれど、面白いのはジャックとスーザンのコンビネーションに加えて、ふたりに絡む謎の少女。なんたって15歳だってんだから。

後輩 ほお。単なるアクション映画じゃないんですね。

先輩 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の面白いところは、ジャックとスーザン、そしてジャックと因縁があるらしい少女サマンサの3人が、事件を通して疑似家族のような関係になっていくところにある。

後輩 「ミッション:インポッシブル」シリーズも、初期に比べて最近ではイーサン単独ではなく、IMFのチームでミッションを遂行する展開が増えて来ましたよね。

先輩 「007/スペクター」にしても、MI-6のチームワークで事件を解決していたし。世界的な傾向なのかな。個人の行動よりもチームワークが重視されるってぇのは。

後輩 常に単独行動の先輩としては、苦々しく思ってるんじゃないですか(笑)?

先輩 まあ、そういう時代だろ。「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の話に戻ると、ハードなアクションとアクションの合間に、ジャックとスーザン、サマンサとのやりとりがあって、これがなかなか楽しませる。特にサマンサね。放浪の猛者ジャックも、15歳の少女には、まるで歯が立たない。このあたりのギャップは面白いね。

後輩 まさしくそういう要素をトム・クルーズは狙ったんじゃないでしょうか?

先輩 そうかも知れないね。「ミッション:インポッシブル」シリーズは、仕掛けの大きさもチームワークも楽しめるシリーズだけど、「アウトロー」の場合、見せ場がアクションだけだった。今回はそれに加えて、少女に扱いに手を焼くジャックの人間的な一面が見られて、なんだか微笑ましい感じがするよ。

後輩 ということは、トムはまだこの「ジャック・リーチャー」シリーズを続けるつもりでしょうね。

先輩 それはそうだろう。少なくとも単なるアクション映画ではない、新機軸を打ち出そうとしている気概は感じるさ。ただ、シリーズを続行するためには、当たり前のことだけどヒットしないとね。

後輩 「ミッション:インポッシブル」シリーズと「ジャック・リーチャー」シリーズ。交互に公開されることになると、またまたトムの来日も増えるかもしれません(笑)。

(企画・文:斉藤守彦)

関連記事

トム・クルーズは「ジャック・リーチャー」で、マジに新機軸を打ち出そうとしているぞ。
トムは一匹狼のアウトロー!「ジャック・リーチャー」最新作ロンドプレミアレポ
54歳のトム・クルーズ、衰え知らず!ジャック・リーチャー最新作
ジャック・リーチャーが帰ってくる!『ラストサムライ』コンビが再タッグ

    ライタープロフィール

    斉藤守彦

    斉藤守彦

    斉藤守彦(さいとうもりひこ) Morihiko Saitoh 静岡県浜松市出身。映画館、ビデオ会社でのアルバイトを経て、映画業界紙「東京通信」記者 (後に編集長)に。1996年からフリーの映画ジャーナリスト/アナリストとなり、以後多数の劇場用パンフレット、「キネマ旬報」「HiVi」「ザテレビジョン」「日経エンタテインメント!」「宇宙船」「スターログ日本版」「INVITATION」「東京カレンダー」「アニメ!アニメ!」「フィナンシャル・ジャパン」「Pen」などの雑誌・ウェブメディアに寄稿。2007年秋に「日本映画、崩壊 -邦画バブルはこうして終わる-」を、08 年「宮崎アニメは、なぜ当たる -スピルバーグを超えた理由-」、09 年「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」、 10 年に「『踊る大捜査線』は日本映画の何を変えたのか」(共著) を上梓。 他の著書に「図解でわかるコンテンツ・ビジネス」1〜4(共著)、「ソノラマ MOOK/ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(構成・執筆) 、電子書籍「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」等があり、ここ数年は「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」と、独自の視点による書籍を執筆。2016年3月には新作「映画を知るための教科書 1912−1979」が世に出る。現在、水道橋博士編集長のメールマガジン「メルマ旬報」で「2016年映画館物語」を連載中。また「BOOKSTAND映画部!」で、「映画を待つ間に読んだ、映画の本」と「映画惹句は、言葉のサラダ」の2つの連載を行っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 久保田和馬
    • 夏目幸明
    • グアリーニ・ レティツィア
    • hosohana
    • kaiya
    • 桜井

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo