フィルムメイカー×相棒=無限大 ∞ 魅力あふれる秋シネマ3選

cinemas_yakumo_vol.74

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。
八雲ふみねです。

01

まだまだ残暑が厳しいですね〜。
しかしショッピングに出かけると、街のショーウィンドーを飾るファッションアイテムは秋の気配。
そして映画館でも、この秋公開となる映画の予告編が上映されるようになりました。

そこで。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.74

今回は…。

名匠監督とその相棒が織りなす魅惑の秋シネマ、3作品をご紹介します。

 

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

02
2016年9月17日から全国ロードショー
監督・製作:スティーブン・スピルバーグ
出演:マーク・ライランス、ルビー・バーンヒル、ペネロープ・ウィルトン、レベッカ・ホール、レイフ・スポール ほか
©2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

ロンドンの児童養護施設に暮らすゴフィーは、好奇心旺盛な10歳の女の子。
ある夜、ひとりで起きていると、街を歩くとてつもなく大きな男と目が合う。
慌ててベッドに戻ったゾフィーだったが、ベッドから“巨大な手”に毛布ごと持ち上げられ「巨人の国」に連れ去らわれてしまう。
その男は、夜ごと子供たちに「夢」を届ける、心優しい巨人、BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。
ひとりぼっちのソフィーは、自分と同じく孤独なBFGと心を通わせていく…。

03
イギリス児童文学作家ロアルド・ダールの名作「オ・ヤサシ巨人BFG」をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化したファンタジー作品。
『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマーク・ライランスが心優しい巨人を演じ、孤独な少女との友情と奇想天外な冒険を夢あふれる映像とともに描き出しています。
スピルバーグ監督の代表作『E.T.』を彷彿させるようなストーリーテリングに、どこか懐かしさと温かさを覚える本作。
それもそのはず、脚本は『E.T.』を手がけた、メリッサ・マシスンが担当。
しかも彼女は昨年逝去しているため、奇しくも本作が遺作となってしまいました。
スティーブン・スピルバーグ×メリッサ・マシスン、伝説のコンビによるファンタジーの王道的作品。
大人も子どもも楽しめるコト、請け合いです!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • Yamazaki
    • 桜井
    • 朝井麻由美
    • 小峰克彦
    • firstserver
    • kaiya

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo