映画『誰のせいでもない』と芥川賞受賞作家・羽田圭介氏の意外な共通点

cinemas_yakumo_vol-83

 

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

 

 

八雲ふみねです。
01
日に日に寒さが増しますね〜。
さて。
八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.83
今回は…。
『誰のせいでもない』公開記念トークイベントの模様をお届けします。

 


 

02
カナダ、モントリオール郊外。
作家のトマスは仕事がうまくいかず、一緒に暮らす恋人サラとの関係もぎこちない。
ある大雪の日、車を走らせていたトマスは、目の前に飛び出してきた何かに驚き、急ブレーキをかける。
車を降りて確認すると、虚ろに座り込んでいる幼い少年がいた。
幸い怪我もなく、少年を家まで送るトマス。
しかし母ケイトが、息子の姿を見て半狂乱になるのを見て、驚愕の真実を目の当たりにするのだった。
トマス、サラ、編集者のアン、そして少年の母ケイト。
この“誰のせいでもない”事故が、1人の男と3人の女の人生を狂わせていく…。

 

03
巨匠ヴィム・ヴェンダース監督の7年ぶりとなる劇映画『誰のせいでもない』。
トマス役をジェームズ・フランコ、サラ役をレイチェル・マクアダムス、ケイト役をシャルロット・ゲンズブール、アン役のマリ=ジョゼ・クローズ。
人気実力共に兼ね備えたキャストが名を連ねています。
人間の奥底に潜む感情を美しい映像と共に描き出していく、サスペンスフルな人間ドラマです。

 

本作の公開記念トークイベントに、芥川賞受賞作家の羽田圭介さんが登場。
八雲ふみねが司会を務め、作品の見どころや羽田さんと本作との意外な共通点について伺いました。

 

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 藤井隆史
    • ながち
    • 井上大輔
    • 滝口アキラ
    • 内田俊太郎
    • 星井 七億

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo