あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-04-24

予告編

『美女と野獣』意外な歴史を徹底解説!




本日は金曜ロードSHOW!でディズニー映画の『美女と野獣』が放送されます。

『美女と野獣』は、この映画のほかに、ディズニーの実写版。ディズニーと関係のない作品も今までに映画公開されています。

今回はそんな『美女と野獣』についての歴史を紐解いていきたいと思います。

動画での説明


今回の記事は、動画で説明を行いつつ文字での補足をして参ります。まずはこちらの動画を是非チェックしてみてください。
&t=217s

下記は動画内で扱っている内容の箇条書き整理版です。

『美女と野獣』の源流


・ギリシャ神話=若い女性と動物に姿を変えた男性
・ヴィルヌーヴ夫人版(1740年:フランス)
・ボーモン夫人版(1756年:フランス)
→ヴィルヌーヴ版を短縮、認知が高いのはボーモン夫人版

映画化の歴史


・1946年:フランス
→ヴィルヌーヴ版を忠実に、歌なし、ベルはおとなしい

・1991年:アメリカ
→ディズニーアニメーション、歌あり、ベルは活発

・2009年:オーストラリア
→美女&野獣、アクションファンタジー、魔女に立ち向かう

・2014年:フランス
→原作を尊重、野獣の呪いに忠実、ベルは意志が強い

・2017年:アメリカ
→ディズニーによる実写化、人種や同姓愛なども尊重

1991年『美女と野獣』


・上映時間84分
・アニメ史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート
・アカデミー賞 作曲賞と歌曲賞(=ミュージカル)
・原作=成長するベル/本作=成長する野獣
・『眠れる森の美女』と比較すると違いが明快

性差別内容に対する批判


・『リトル・マーメイド』で猛抗議を受けたディズニー
・本作ではベルを力強い女性として体現
・しかし、野獣にDVの恐れがあると抗議を受ける…

東京ディズニーランドの新エリア


・ファンタジーランド拡張エリアがオープン予定
・大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」
・映画に沿っていくつもの名シーンをめぐる(約8分)
・その他、ショップ、レストランなどもオープン