宇宙人と遭遇した少年たちを描くジュヴナイルSF『アース・トゥ・エコー』

EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー

(C)2014 RML Echo Films, LLC All Rights Reserved

今年の洋画はアメコミ・ヒーローものだけでなく、『パッセンジャー』『メッセージ』『ライフ』などSF映画の秀作が多い感もあります。まもなく『エイリアン:コヴェナント』や『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』も公開。

こういった流れの中、少し前のSF映画も見直してみるのも一興かと思います。

今回ご紹介する『アース・トゥ・エコー』は2014年のアメリカ映画。スマホで謎のメッセージを受け取った少年たちのSFアドベンチャー映画です!

スマホの映像に導かれた
少年少女の“未知との遭遇”

『アース・トゥ・エコー』は、高速道路建設のために家族ごと強制退去させられることになったタック(ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー)、アレックス(テオ・ハーム)、マンチ(リース・ハートウィグ)、3人の少年の“未知との遭遇”と、それゆえの冒険と友情を描いたものです。

明日はもう離れ離れになってしまう3人の、それぞれのスマホに突然不思議な図形が映し出されました。

謎の解明に乗り出した少年たちは、それが砂漠のある地点を示していることを突き止めて現地に向かうと、未知の金属型宇宙人と遭遇。彼らはその宇宙人にエコーと名付け、やがて同級生の少女エマ(エラ・ワーレステット)も加わり、エコーを修理して宇宙へ逃がしてやろうとするのですが、しかし……。

少年少女らが宇宙人と遭遇するパターンのジュヴナイルSF映画は多々ありますが、本作は冒険と感動をメインに打ち出したもので、老若男女、家族で見るのにうってつけの作品となっています。
(ただし、子どもたちの視点で貫かれている分、大人たちが割かし悪役風に描かれているあたりはやむなしか。ホント、子どもらにとってものわかりのよい大人になるのって、難しいものですね!?)

また本作は、雰囲気が『E.T.』(82)や『エクスプロラーズ』(85)『グーニーズ』(85)など1980年代に流行したジュヴナイルSFファンタジー映画の韻を踏んでいる感があり(SFではないけど86年少年映画の名作『スタンド・バイ・ミー』的な味わいも含まれていますね)、そこにハンディカメラやスマホの映像など、今の時代ならではのアイテムを積極的に採り入れて、POV(主観映像)映画情緒を醸し出すことにも成功しています。

EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー

(C)2014 RML Echo Films, LLC All Rights Reserved

どこか懐かしくも普遍的な
現代の“KIDS MEETS ALIEN”!

監督は自主映画やミュージッククリップ出身、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』3部作(02・04・07)のプロダクション・アシスタントを経て、本作で商業映画デビューを果たしたデイヴ・グリーン。

これがマイケル・ベイに認められて、彼は『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ)』(16)の監督に抜擢されました。

子どもたちの自然な演技もよく、この中からリヴァー・フェニックスみたいな新たなスターが登場するかは今後の成り行き次第でしょうが、タック役のブライアン・“アストロ”・ブラッドリーは現在ラッパーとして活躍中です。

金属型の宇宙人“エコー”の造型もユニークでフィギュアがほしくなるほどですが、VFXは『ジュラシック・パーク』シリーズのスタッフが担当。さほど大掛かりな技術を駆使しているわけではありませんが(とはいえ、クライマックスなどはなかなか壮観!)、“KIDS MEETS ALIEN”としての実に自然なセンス・オブ・ワンダーを描出しています。

ほんの一晩の出来事が、一生の思い出として残る。少年時代だからこそ鮮烈に記憶されるであろう、そんな冒険をピュアに微笑ましく描き得た、小品ながらも味わい深い佳作です。

舞台は現代ですが、どこか懐かしくも普遍的な、強く推すというよりも、何となく気持ちよくお勧めしたい、そんな表現が似つかわしい作品です。

個人的には、こういった作品こそ愛してやまないものがありますね。

[この映画を見れる動画配信サイトはこちら!](2017年9月15日現在配信中)
b_dtvb_hulub_hikarib_netflixb_amazonb_gyaob_rakutenb_itunesb_googleplay

(文:増當竜也)

他の記事も読む
映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

ピックアップ

新着記事

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com