東京ゲームショーと連動して見たい、ゲーム感覚バトルアクション映画2本!

毎年恒例の東京ゲームショウ(TGS)が今年もやってきました。

ただし今回のTGS2020は、9月23日(水)から27日(日)まで、オンラインでの開催となります。

もっともこれだけオンラインゲームが普及して久しい今のご時世、多くのゲーマーのみなさんにとってさほど違和感はないかもしれませんね。

さて、ゲーム感覚を活かした映画もこのところ当たり前のように作られ続けています。

今回はそんな作品を2本ご紹介。TGS参加の景気づけにでもぜひどうぞ!

ヒロインと一緒に戦場を駆け巡る
『ブッシュウィック―武装都市―』

 (C)2016 STUPE PRODUCTIONS LLC.

家族に会うため、地下鉄に乗ってニューヨーク州ブッシュウィックのある駅に降りた大学生のルーシー(ブリタニー・スロウ)。

ところが地上に出るや、そこは戦場と化していた!?

空はヘリや戦闘機が飛び交い、地上では銃撃戦が展開され、容赦なくミサイルがぶっ放されていく地獄絵図!

突然のことに戸惑いつつも逃げるほかないルーシーは、そこで謎の男スチューブ(デヴィッド・バイティスタ)と出会い、やがて自分も生き残るために闘わざるを得なくなります……。

もしも突然馴染みの町が戦場になったら? をシミュレーションしながら展開されていくサバイバル・バトル・アクション映画。

監督は教師VSゾンビ化したちびっ子たちの壮絶バトルをブラックユーモアたっぷりに描いた快作『ゾンビ・スクール』のキャリー・マーニオン&ジョナサン・マイロット。

今回も彼らのユニークなアイデアに基づく挑戦は冴えわたっており、何と本作は長回し撮影を駆使し、94分の上映時間の中、でたったの10カット!

これはどういうことかというと、これは見る側にヒロインともども戦場の臨場感を共有させようという試みなのです。

なぜこういうことになったのか? といった説明は二の次で、とにもかくにもいきなり戦場に紛れ込んでしまった者の混乱や勇気こそをメインに描くための方法論としてこれは有用ではあるでしょう。

まさに自分がサバイバル・ゲームに参加しているかのような醍醐味を味わえる作品です。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com