いよいよ夏休み!『子ぎつねヘレン』を通して、動物と触れ合ってみよう!

C)2006「子ぎつねへレン」フィルムパートナーズ

いよいよ夏休みですね。いつが休みでいつが仕事かわからなくなる我らモノカキ商売の輩からすると、1か月以上も確実に休めるお子さんや学生さんたちがうらやましい限り!?

さて、私のような昭和世代の夏休みといえば、カブトムシを採りに行ったり、海で泳いだり、近所の犬や猫と戯れたり……などなどでしたが、今はどうなのでしょう? 家族旅行で牧場などに行って動物と触れ合ったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?(私などは近所のイノシシ飼育牧場に潜入して、イノシシの群れに追いかけられたトラウマのような体験もありますが……)

動物映画もいっぱいありますが、今回は『子ぎつねヘレン』を選んでみました!

子ぎつねと少年の交流を描いた
2006年の大ヒット映画

『子ぎつねヘレン』は写真家・エッセイストとしても活動する獣医・竹田津実の実録エッセイ『子ぎつねヘレンがのこしたもの』を原作に作られた映画で、2006年の春に公開され、興収17億8000万円の大ヒットを記録した作品でもあります。

舞台は春の北海道。カメラマンとして世界中を飛び回る母(松雪泰子)の意向で、東京から北海道の森の動物診療所に預けられた少年・太一(深澤嵐)は、ある日母親からはぐれた子ぎつねを拾います。

獣医の矢島(大沢たかお)によると、その子ぎつねは頭に怪我を負い、視覚も聴覚も嗅覚も失っているといいます。

太一は子ぎつねにヘレンと名付けて、懸命に育てようとします。

しかし、そこに“ドクター・キタキツネ”と呼ばれる獣医大学の上原教授(藤村俊二)が現れて……。

母に見放されたと思っている孤独な少年が、ヘレンケラーになぞってヘレンと名づけられた子ぎつねの母親代わりを務めながら、いつしか自身も成長していく。

サリバン先生さながらの献身を示す主演の深澤嵐君は、後にテレビ『仮面ライダーディケイド』(09)の中で仮面ライダーキバに変身した少年としても知られています。『獣拳戦隊ゲキレンジャー』(07~08)では幼い日の主人公ゲキレッドも演じていましたね。
そういえば獣医矢島の娘役で出演している小林涼子ちゃんも、映画『仮面ライダーTHE FIRST』(05)に出演していました(最近は14年『大人ドロップ』や16年『ピンクとグレー』といった映画などでも活躍中)。

大人の代表として大沢たかおと松雪泰子が出演し、大人たちの複雑な事情なども描かれていますが、やはりファミリー映画ということで、中心となるのはやはり少年とヘレンの心の交流。

そして何といっても、ヘレンを演じた子ぎつねの可愛らしさに尽きるでしょう。
(撮影に際しては、アニマトロニクスやCGも用いられています)

子どもと動物には
どんな名優も叶わない!?

監督は『古畑任三郎』シリーズ(94~)や『王様のレストラン』(95)、『オリエント急行作人事権』(15)など三谷幸喜脚本のテレビ・ドラマ演出に定評があり、それ以外でも『フリーター、家を買う』『マルモのおきて』(11)など高視聴率作品のメイン監督も多数手がけている河野圭太。

本作品は彼の銀幕デビュー作ですが、これが好評で続いて『椿山課長の七日間』(06)『ぼくとママの黄色い自転車』(09)と、ヒューマニズムに根差した作品に才を発揮しています。

音楽は西村由紀江。ピアノソロの繊細な響きが子どもたちの心情を巧みに奏でてくれています。また主題歌はレミオロメンが『太陽の下』を熱唱(劇場公開時、この曲が流れるエンドタイトルで号泣する人も多かったとか)。

また撮影の名手・浜田毅が、北海道の春の景色を美しく描出。真夏に見ると、また実にすがすがしく気持ちいいものがあることでしょう。

子どもと動物にはどんな名優も叶わないとは、昔から映画界のジンクスとしてよく言われるところですが、本作もそれに倣った、ある意味伝統の(?)、普遍的な感動をもたらす作品です。

ぜひご家族でご覧になってみてください。

[この映画を見れる動画配信サイトはこちら!](2017年7月21日現在配信中)
b_dtvb_hulub_hikarib_amazonb_unextb_jcomb_auvideob_gyaob_rakutenb_itunesb_googleplay

(文:増當竜也)

金曜映画ナビ関連記事

5年の歳月をかけて撮影された動物たちの姿『生きとし生けるもの』予告映像
オジさんが猫に?『メン・イン・キャット』など動物が喋る映画5選
カワイイ動物たちに激萌え!映画「ペット」が伝えたかった事とは?
『ズートピア』でニックとアイスを◯◯してたアイツと似てる動物が出てくる映画とは?
欅坂46・菅井友香「大きな理解者の協力があってこそ」

他の記事も読む
    映画の配信情報をチェック!
                      

    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com