『バオバオ フツウの家族』公開決定・日本版ポスター|同性カップルの妊活を描く台湾映画

【公開決定・日本版ポスター・来日情報】
『バオバオ フツウの家族』

2019年9月、新宿K’s cinemaにて公開

2018年秋、台湾で同姓婚を巡る是非の国民投票が話題となっていた中で公開され、話題となった映画『バオバオ フツウの家族』(原題:親愛的卵男日記)の日本公開が9月に決定した。

昨年秋に台湾で公開された本作は、それに先立ち同年8月~9月に開催された「第五回台湾国際クイアフィルムフェスティバル」のオープニング作品として、海外ではスペインとロスアンゼルスの映画祭で上映されている。ジョアンとシンディ、チャールズとティムという、二組の同性カップルが子供を持ちたいという願望から始まるこの物語は、ウェイ・ダーション(魏徳聖)、トム・リン(林書宇)、ヤン・ヤーチェ(楊雅喆)など、今や時代を牽引する監督たちを輩出した台湾で新人登竜門として一番大きな脚本賞のコンペから生まれ、映画化された。

解禁された日本版ポスターで、主人公4人をイメージさせるイラストを描いたのは、イラストレーターの田辺ヒロシ。また、ポスターデザインを橘高つむぎ(ビームス)が担当。繊細なイラストを活かしたロゴとデザインとなっている。

また、ジョアン役の主演女優クー・ファンルー(柯奐如)の来日が決定。日本ではドラマ『流星花園』(台湾版ドラマ「花より男子」)で、道明寺司の婚約者役で知られる女優であり、劇場公開に先駆け、渋谷アップリンクで1回だけ開催される特別上映で舞台挨拶に登壇するほか、28日(日)~29日(月)に代々木公園で行われるLGBTQイベント「東京レインボープライド2019」のステージにも登場する予定だ。

ストーリー

「赤ちゃんが欲しい」と、ロンドンに住む2組の同性カップルが協力して妊活を始める。双子を妊娠したシンディは、ひとりロンドンから台湾に戻る。不安と悲しみに満ちた彼女が頼ったのは幼馴染の警官タイ。かねてよりシンディを密かに思っていたタイは、理由も聞かずに自分がお腹の子の父になると言うのだが、シンディの心は癒されない。子供を持って家庭を築きたいと願うシンディとジョアンがようやく待望の子宝に恵まれたのに、なぜ彼女はひとりで帰国したのか…。

公開情報

監督:謝光誠(シエ・グアンチェン) ※第1回長編監督作
出演:雷艾美(エミー・レイズ)、柯奐如(クー・ファンルー)、蔭山征彦(カゲヤマユキヒコ) 
蔡力允(ツァイ・リーユン)、楊子儀(ヤン・ズーイ)
2018年/台湾/97分/1:1.85/原題:親愛的卵男日記 英題:BAOBAO
配給:オンリー・ハーツ/GOLD FINGER
協力:GENXY/ビームス 後援:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd

他の記事も読む

関連記事

『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』2月22日に公開!LGBTの若者たちの実話をミュージカルタッチで描く
『あの頃、君を追いかけた』齋藤飛鳥ら海での青春シーン舞台裏映像!
『軍中楽園』が描く軍隊の中の“楽園”の真実とは?
映画でセクシュアルマイノリティについて学ぶ―LGBTコミュニティーを描く映画6選

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com