スパイ映画の要素アリ?!マーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』

「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオによるアクション・エンターテイメント最新作『ブラックパンサー』が、2018年3月に日本公開されることが明らかとなった。

マーベル史上最も謎を秘めた新キャラクター

超文明国の若き国王。そしてもうひとつの顔は、鋭い爪と漆黒の戦闘スーツに身をつつんだヒーロー<ブラックパンサー>。彼は、この国がもつ世界を揺るがす秘密を守る使命を背負っていた。この国の秘密が明らかになるとき、《アベンジャーズ》に最大の危機がおとずれる――

ブラックパンサー ティザーポスター
(C)Marvel Studios 2017

映画『ブラックパンサー』は、超文明国ワカンダの国王であった父を亡くしたティ・チャラことブラックパンサーが、新しい国王として、ヒーローとして活躍する姿を描く作品。

ブラックパンサーは、2016年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に初登場。キャプテン・アメリカの持つシールドと同じ材質からなるスタイリッシュな漆黒のスーツと、優れた戦闘能力で、マーベル作品ファンから単独作品が待ち望まれていた。

本作では、物語の中では、世界中が狙う、超文明国ワカンダが有する重要な秘密を守るために世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦うというこれまでのマーベル・スタジオ映画にはなかったスパイ映画の要素を盛り込んだアクション・エンターテイメント作品に仕上がっている。

主演は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマン。ヒロインは女優のルピタ・ニョンゴ。さらに『クリード チャンプを継ぐ男』で主演を務めたマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場する。メガホンをとるのは、ロッキー・シリーズの歴代新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』で、シルベスター・スタローンにゴールデン・グローブ助演男優賞をもたらしたライアン・クーグラー監督。

映画『ブラックパンサー』は、2018年3月1日(木)より全国ロードショー。

関連記事

『ワンダーウーマン』アクションだけではない大きな見どころとは?
『スパイダーマン:ホームカミング』ベン叔父さんの死は何故描かれなかった?
アイアンマンが15歳のスパイディを仲間にした理由とは?
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を刮目せよ
衝撃的で感動的な『ローガン』を楽しむためには。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事