デヴィ夫人がナレーション「あなた、映画はロマコメよ」

ウディ・アレン監督の最新作、映画『カフェ・ソサエティ』が、タレントのデヴィ夫人を起用したTVスポットを公開した。

映画『カフェ・ソサエティ』TVスポットに、デヴィ夫人を起用

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィル(スティーヴ・カレル)のもとで働きはじめたボビーは、彼の秘書ヴォニー(クリステン・スチュワート)の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに――

カフェ・ソサエティ メイン

映画『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレンが監督・脚本を担当する最新作で、3人の男女が織りなすもつれた恋を通して、“人生の選択”を描く大人のロマンティック・コメディ。

世間知らずの主人公・ボビーを『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグが演じる。ボビーからの求愛に迷うヴェロニカ、愛称・ヴォニーをクリステン・スチュワート、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカをブレイク・ライブリーが演じるほか、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージーらが脇を固める。

このたびタレントのデヴィ夫人が起用された、本作のTVスポットが公開となった。

カフェ・ソサエティ デヴィ・スカルノ TVスポット

社交界の華と賞賛され、“東洋の真珠”と呼ばれていたデヴィ夫人。そんなデヴィ夫人の起用は、ハリウッドのみならずニューヨークに夜ごと集う、“カフェ・ソサエティ”な人々を描いた本作のイメージにぴったりということから決まったとのこと。

映像では「デヴィでございます。洒落たセレブをご覧あそばせ。まあ、わたくしには日常ですけど。おほほほほほ!あなた、映画はロマコメよ」ととナレーション。

さらに、シャンパン片手に本作を鑑賞したというデヴィ夫人は、「面白かったわ。人間の弱いところと強いところの両面が出ていて興味深かった。深さがちゃんと描かれているのが良かったわ」とコメントを寄せている。

映画『カフェ・ソサエティ』は2017年5月5日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開。

(C) 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

関連記事

どっちが本命?クリステン・スチュワートVSブレイク・ライブリー
ウディ・アレン最新作『カフェ・ソサエティ』予告解禁
禁断の扉の先に…『パーソナル・ショッパー』予告解禁
大人の魅力たっぷりに…『おとなの恋の測り方』本予告
ベッキー、語る「私にも奇跡が起こるかもしれない…」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com