岡田准一がエヴェレストに挑む!夢枕獏原作・映画『神々の山嶺』

夢枕獏原作、映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』の主演に岡田准一が決定、岡田准一のほか、それぞれが初共演となる阿部寛、尾野真千子をメインキャストに迎え、日本映画史上初となるエヴェレストでの撮影に挑む。

日本映画史上初のエヴェレストで撮影

神々の山嶺 岡田准一 映画 夢枕獏

原作の『神々の山嶺』は小説のほか、谷口ジロー作画の漫画版も刊行されている。これまでに中国、韓国、英語、欧州各国語版が出版され、全世界で100万部を超える人気作品だ。

登山中に滑落事故で仲間を失ったカメラマン・深町誠が、カトマンズをさまよう中で伝説の日本人クライマーと出会い、世界最高峰の”神々の領域”に挑んでいく姿を描く。監督は平山秀幸氏。

主役となる山岳カメラマン深町誠には、『永遠の0』『蜩ノ記』で、本年度日本アカデミー賞優秀主演男優賞及び優秀助演男優賞、さらには話題賞俳優部門も含めトリプル受賞したV6の岡田准一。消息を絶ったままとなっていた伝説のクライマー羽生丈二役を阿部寛が、そして羽生を慕っていた兄を雪山で失うも、彼を愛しその帰りを待ち続ける岸涼子役に尾野真千子が挑む。

神々の山嶺 岡田准一 映画 夢枕獏 阿部寛 尾野真千子

出演者は現在、登山訓練などに励み、ロケ前に低酸素による高山病対策も行う。3月よりネパール他、実際にエヴェレスト現地にて撮影を開始。約4か月の撮影期間の中で、各キャストも通称エヴェレスト街道を高度順応しながら10日間かけて登り、高度6,000M付近での撮影を行う予定だ。

原作が好きだったという主演の岡田准一は、「原作の『神々の山嶺』は大好きな作品で、実際のエヴェレストでも撮影できるということを今から楽しみにしている。過酷な撮影を楽しみ、しっかり体験していきたい」と意気込んでいる。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は2016年全国公開予定。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事