上戸彩と博多大吉『名探偵コナン ゼロの執行人』ゲスト声優に決定!

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2018年4月13日(金)より公開される『名探偵コナン ゼロの執行人』。今回キーパーソンとなるキャラクターを演じるゲスト声優が決定した。

上戸彩と博多大吉に決定!

容疑者となってしまった毛利小五郎を担当する弁護士・橘境子役に上戸彩が、かつて境子が所属していた弁護士事務所で裁判官を目指していた司法修習生・羽場二三一役に博多大吉が挑む。

上戸彩は以前、レギュラーアニメ放送10周年を応援するスペシャルサポーターとして、本人役でアニメに登場していたが、今回12年ぶりに「名探偵コナン」に復帰。

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

今回演じる橘境子は、公安事件を担当することが多い眼鏡をかけた女性弁護士で、コナンや、毛利家との関わりも多い重要人物。「境子は一見頼りなさそうに見えるかもしれませんが、真実はいつも一つです!私にお任せください!」と語るなど気合十分。

そして、「名探偵コナン」に初参戦する博多大吉が演じる羽場二三一は、境子の事務員で、ある事件をきっかけに命と落としてしまっているという、まさかの既に“死んでいる”キャラクターでの登場。

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

その設定を受けて「以前、(別作品で)妖怪役をやらせていただいたことがあったんですけど、やっと人間に出世したと思ったらまさか既に死んでいるとは…。驚きましたが頑張りたいと思います。」と語っている。

二人がどのように演じるのか、要注目だ。

コメントが到着

以下、上戸彩・博多大吉のコメントが到着した。

上戸彩

「コナン君は国民的アイドルと言いますか、とても大人気!!ですし、特に映画となると常に1位を獲得しているイメージしかなくて。今回この『ゼロの執行人』に自分も携わることが出来て本当に光栄です。父親がコナン君にはまっていたので小学生のころは毎週一緒に観ていた記憶があります。新一君と蘭ちゃんの関係性が当時から好きでした。今回私が演じる“橘境子”は弁護士です。蘭ちゃんのお父さん(小五郎)の弁護人を務めさせていただきます。一見頼りなさそうに見えるかもしれませんが、真実はいつも一つです!私にお任せください!」

読売テレビ 諏訪プロデューサーによる
上戸彩起用の理由

「今回上戸さんにお願いする弁護士・橘境子は毛利夫妻に大きく関わる女性です。したたかな強さの中のあやしさを表現できる役者としてプロデューサー全員、上戸さん以外に思いつかない状況でした。そしてその上戸さん、実は2006年公開の劇場第10弾『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』の宣伝隊長を務めて頂き、公開直後「上戸彩と新一 4年前の約束」でTVシリーズに出演頂いています。これは、我々スタッフの12年前の記憶に鮮明に残る出来事でした。この作品の大ヒットもあって、劇場版も第22弾!干支が一回りしてゼロになり、今度は劇場版名探偵コナンにこのような形でご出演頂けるという、上戸さんとの強い縁にただただ感謝しています。日本を代表する女優・上戸さんの『ゼロの執行人』参戦には超期待しています!」

博多大吉

「劇場版1作目からずっと観ていますが、まさか自分が関わるとは思っていなかったですし、共演者が上戸彩
さんと聞いてドッキリかと思いました。その後どうやら本当の話だと分かったんですけど、あまり声優の経験がないので世界観を壊してしまわないかと心配になりました。「本当に僕で大丈夫ですか?」と確認したところ、「大吉さんにピッタリで、とってもはまり役です」とおっしゃっていただいて、台本を読んでみたら・・・死人役でした。以前、妖怪役をやらせていただいたことがあったんですけど、やっと人間に出世したと思ったらまさか既に死んでいるとは…。驚きましたが頑張りたいと思います。今回僕が演じる“羽場二三一”は上戸さんが演じる“橘境子”のいた弁護士事務所で働いていた男性です。二三一と書いてふみかずと読むのですが、ひふみんブームに乗っかったような感じが否めません(笑)。もうこの世にいない男なのでどこまで活躍できるのかはわかりませんが、とにかく全力でやらせていただきます!」

読売テレビ 諏訪プロデューサーによる
博多大吉起用の理由

「今回大吉さんにお願いする、羽場二三一(ふみかず)はドラマの中ですでに故人、でもストーリーに大きく絡んでくるちょっと意外なキャラクターです。このような役柄を演じて頂くのはやはり変化球で勝負した方がいいんじゃないか、プロデューサー間でかなり話し合いました。そしていつしかこんな風に思えたのです。「お笑いやバラエティーの中で、ちょっと地味に見えながらも、独特な異彩を放っている大吉さんってこの役にピッタリなんじゃない?」それからこの思いがそれまでの会話のゴールになるのに時間はかかりませんでした。実は大吉さんは劇場版第1弾『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』をご覧になっていたなんて本当に嬉しいお話でした。そして羽場という奇妙なキャラクターを演じてもらう事により、今回の第22弾『ゼロの執行人』までの積み重ねも表現して頂けたら、なんてちょっと欲張りすぎですね(笑)」

ストーリー概要

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。

サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。

サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。
その時、現場の証拠品に残された指紋がかつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!
これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。

「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた―――。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com