『ダンケルク』でも各映画賞の作曲賞にノミネート!今さら聞けない映画音楽家ハンス・ジマーとは?

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年12月20日(水)にブルーレイ&DVDリリース、12月13日(水)よりデジタル先行配信される『ダンケルク』が、12月11日(現地時間)に発表された第75回ゴールデングローブ賞において作品賞(ドラマ部門)、監督賞、作曲賞の3部門にノミネートされた。

このニュースのポイント

・『ダンケルク』が第75回ゴールデングローブ賞にて3部門にノミネート

・ハンス・ジマーは各映画賞で作曲賞に確実にノミネートされる映画音楽家

・来年初めにノミネートが発表されるアカデミー賞®でもノミネート、オスカー獲得の期待が高い

『ダンケルク』についての記事を読む

本作は世界でもっとも次回作を期待される天才、クリストファー・ノーラン監督が初めて実話に挑んだ緊迫のサバイバル・アクション。世界60カ国以上で初登場第1位を獲得、日本でも週末興行ランキングで初登場&2週連続第1位の大ヒットを記録。さらに批評家からも高い評価を獲得しており、アカデミー賞®の前哨戦ともいわれるゴールデングローブ賞でのノミネートを受け、来年初めにノミネートが発表されるアカデミー賞®でも、多部門でのノミネート、オスカー獲得の期待が高い。

ゴールデングローブ賞以外にも、各映画賞で作曲賞に確実なノミネートを果たしている映画音楽家のハンス・ジマー (※第22回サテライト・アワード、第23回放送映画批評家協会賞、第60回グラミー賞サウンドトラック・アルバム作曲賞)。クリストファー・ノーラン監督の作品以外でも様々な作品で活躍している。

『ダンケルク』でも各映画賞の作曲賞にノミネート!今さら聞けない映画音楽家ハンス・ジマーとは?
近年、大作や大ヒット作の音楽でよく見かける名前がハンス・ジマー。その名前なら聞いたことがあるという方は多いだろう。だが多くの方がよく知っている音楽も実はハンス・ジマーだったりする。90年代にテレビで放送された「料理の鉄人」のオープニングに流れる勇壮なテーマ曲。これはハンス・ジマーが担当した『バックドラフト』(91)からの流用だったのだ。

ハンス・ジマーの曲の特徴はダイナミックなシンフォニーとエレクトロニクス・ミュージックの融合で、アクションやスペクタクルな映画によく合う。その結果『クリムゾン・タイド』(95)と『ダークナイト』(08)でグラミー賞、『グラディエイター』(00)でゴールデングロー ブ賞、そして『ライオンキング』(94)ではアカデミー賞®を受賞し、今年だけでも『ワンダーウーマン』(テーマ担当)、『パイレーツ・ オブ・カリビアン 最後の海賊』(テーマ担当)、『ドリーム』、『ブレードランナー2049』(ベンジャミン・ウォルフィッシュと共作)、 『ダンケルク』の5本もの作品に参加している。

そんなハンス・ジマーの近年のベスト・パートナーがクリストファー・ノーラン。2005 年の『バットマン・ビギンズ』以来、『プレステージ』(06)を除く全監督作で組んでいる。『インセプション』(07)では本編中で夢から覚める合図として使われるエディット・ピアフの「水に流して」のイントロを低速にしたものを象徴的に使うなどトリッキーな音楽を書き、『インターステラー』(14)では単純化した短いメロディを反復し重ねることで父親の娘への想いを表現して深い感動を呼んだ。そんなハンス・ジマーとクリストファー・ノーランの到達点が『ダンケルク』だ。

『ダンケルク』においてハンス・ジマーの音楽は大きなウェイトを占めているが、だが映画を見終わった後にどんな音楽が流れていたか覚えていないかもしれない。最もよく出来た映画音楽は映像に溶け込み、流れていたことさえ気付かせない…という。いつどこから撃たれるのかわからない極限状態の兵士たちの心拍音をあらわすかのような激しいリズム、空襲を知らせるサイレンのような音が鳴り続け、反復するメロディが緊張を否が応にも高めていく。これが、映画が始まってから救助が来るまでの90分間続く。こうやって観客はダンケルクのど真ん中に連れてこられるのだ。つまり『ダンケルク』の半分は、ハンス・ジマーの音楽で出来ている。〈Text: 竹之内円〉

関連記事

『ダンケルク』には英国紳士たちのプライドが詰まっている
『ダンケルク』は“観る”映画ではない。“体感する”究極の映画だ!
『ダンケルク』感想、最高レベルの賛辞をこの映画に贈りたい

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com