主演・大仁田厚に急遽変更!『フリー・ファイヤー』【エイプリルフール】

マーティン・スコセッシ製作総指揮の映画『フリー・ファイヤー』が、主演をブリー・ラーソンから大仁田厚に急遽変更することを発表した!

ブリー・ラーソンが大仁田厚に!映画『フリー・ファイヤー』

映画『フリー・ファイヤー』は、場末の倉庫という全編がワンシチュエーションで行われる、2つのギャングの間のバトルロワイヤルを描くアクション作品。トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で、2016年に観客賞を受賞するなど話題となっている。

このたび本作の主演が、ブリー・ラーソンから、「ファイヤー!!」でおなじみの、大仁田厚に急遽変更となることを発表した。

もうお気づきの方もいるかもしれないが、こちらは本日4月1日のエイプリルフール企画として発表されたもの。

本物のキャッチコピーとして使われている「90分間、ノンストップで撃ちまくる、乱闘バトルロワイヤル」を「90分間、ひたすら“ファイヤー!”を叫び続ける、電流爆破バトルロワイヤル」とし、大仁田厚を主演に据えた新たなビジュアルを公開。さらに、特報映像まで用意する徹底ぶりをみせているほか、今回の“主演交代”について、配給会社からの謝罪文も到着している。

配給会社 謝罪文

この度は、フリー・ファイヤーを楽しみにしてくれていた方々、ブリー・ラーソンファンの皆様に多大なるご迷惑をおかけしました事、心よりお詫び申し上げます。日本公開にあたりまして、

(1)“フリー・ファイヤー”“乱闘バトルロワイル”というキーワードからどうしても大仁田厚氏の顔が頭から離れなくなってしまった事、
(2)ブリー・ラーソン氏が髑髏島から無事に戻って来られるか定かではなかった事、

以上の事から苦渋の決断ではありましたが主演交代という特別措置を取らせて頂きました。急な撮影にもかかわらず、手首の骨折をおして約90分間ひたすら「ファイヤー!」を叫び続けてくれた大仁田厚氏には心から感謝しております。

引き続き、公開を楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

映画『フリー・ファイヤー』は、2017年4月29日(土)より全国ロードショー。

(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown