激走する列車と大格闘!『いつだってやめられる 10人の怒(イカ)れる教授たち』の本編特別映像を独占公開!

©2017 groenlandia srl /fandango srl

昨年「イタリア映画祭」で上映され、大好評を博した『いつだってやめられる 10人の怒(イカ)れる教授たち』が 5月26 日(土)より Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショー。本編特別映像がシネマズ独占で解禁された。

©2017 groenlandia srl /fandango srl

2009年にギリシャで始まった欧州危機はイタリアにも拡大。ユーロ圏の深刻な不況はローマの大学研究者たちにも影響を及ぼし解雇者が続出した。そうした学究の道を断たれ社会から弾き出された研究者たちがその頭脳を使って社会を欺き、鬱屈した日常をぶっ飛ばすイタリア発の痛快な風刺コメディ。イタリアの若き才能シドニー・シビリア監督は自身の経験も交え、社会の片隅に追いやられている人々と現代社会の抱えている問題をユーモアと皮肉を込め、コメディ作品として描き出した。主人公の神経生物学者ピエトロ・ズィンニを演じるのは、日本での大ヒットも記憶に新しい『おとなの事情』のエドアルド・レオ。また、イタリア映画界を代表する名匠M.ベロッキオ、P.ヴィルズィからも厚い信頼を得てきたルイジ・ロ・カーショが作品に重厚感を与えている。

生活のために合法ドラッグの製造に打ちこんだことにより捕まったピエトロ・ズィンニ(エドアル ド・レオ)をはじめとするスーパーインテリ集団。彼らは前科の帳消しを条件に、その頭脳を使って蔓延するドラッグの取り締まりを命じられる。ミッションをこなし、これで全てが終わりだと思った矢先、最強のスマートドラッグ“ソポックス”の存在が浮かび上がる。ズィンニたちはソポックスの解明と製造者を突き止めようとするが、突如、彼らと同様に列車を追う謎の男ヴァルテル・メルクリオ(ルイジ・ロ・カーショ)が立ちはだかる。

独占解禁となった本編特別映像は、この列車のシーン。シドニー・シビリア監督は「とにかく列車のシーンが大変だったよ。アメリカ映画のように 大規模に見せたいけどCGは使いたくなかった。役者2人が列車の上に載って足をワイヤーで固定して、とにかくアナログな方法で撮影した。疾走する列車の上でのアクションシーンだったから怖かったと思うよ!(笑)」と撮影秘話を明かしている。体を張った生のアクションはスピード感にあふれ、必見のシーンとなっている。

ストーリー概要

大学を追われた神経生物学者のピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)は、仲間と合法ドラッグ製造でひと儲けを企むも逮捕され服役していた。世間では新しいドラッグが蔓延し、摘発に手を焼いていたパオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は犯罪履歴の帳消しと引き換えに彼に捜査の協力を持ちかける。かくしてピエトロは国内外ばらばらに なった研究者仲間を再び結集し、事件解決のため奔走するが―。

関連記事

現代人はスマホの奴隷?映画『おとなの事情』に見る“オトナの付き合い”
スマホの危なさを痛烈に描く『おとなの事情』、共感性羞恥の人は観ていられない

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com